□鎌倉 成就院のアジサイ
□北鎌倉の明月院のアジサイ
参道から本堂まで2,500株のアジサイが植えられる。
日本アジサイ系の『姫アジサイ』が植えられ、青の濃淡が変わっていくのが
美しく、6月10日を過ぎるころが最も濃い青に染まるようである。
生花店であるの西洋アジサイで姫アジサイは珍しい。
鎌倉で人気が高い、色とりどりのアジサイで華やか。
アジサイ越しに見える由比ヶ浜の炯眼がまた楽しい。
それでは此処、高幡山はどんなアジサイか、確かめてみよう
花弁に見えているのは『ガク』でその中の粒が『花』である
アジサイは万葉集にも見る事が出来る、数少ない梅雨期の観葉植物である。
原産は日本で青から白、ピンク、赤など欧米で品種改良され、色種が増えた。
日本の土壌は酸性でヨーロッパはアルカリ性ぼため青から赤に変化したと
いわれている。
トップへ 次へ>>
□花は
◇『アジサイ』のイロハ
市内の旧ラサール協会の坂道で
あじさい
ホームページ