小さな枝に不釣り合いな棚を作ってしまい、数年はあれよあれよと言うまま順調に育った。しかし、素人果樹園の悲しさ、虫の
異常発生やブドウの病気で、壊滅的に打ちのめされ、順風満帆であった収穫の期待は見事に外れてしまった。一端の農園
気取りも、そんなに簡単ではないよと、思い知らされた。
果実を求めるには天からの鳥、虫、天候、更に難解な菌などなど、ぶどう如きも、育つためには幾多の難局をクリアしていく
必要がある。
ネットで調べても、本で調べても、色々対策が出ているが、玉虫色でいざ現物に向き合ってみると、肝心の所ではその解決
方法は見つからなかった。住まいは住宅地ではあるが、ちょっと足を延ばすと、何カ所か梨、ブドウを栽培する農園があり、
作業の傍ら、迷惑のかからない、範囲の立ち話でプロに聞いてみたら、こんな答えが返ってきた。
「ぶどうは他の果物と違ってとても繊細、素人には中々難しいんだよ」「特に乾燥地帯で育つヨーロッパ種はアメリカ種
と違って、日本の様な湿度の高い場所はそもそも弱いんだよ」

怒素人農園が体験した一つ「黒とう病」はプロの世界でも結構あるようで、我が家にかかったのも、一人前になった証拠であろ
うか、難しいことは承知で、色々学習しながら、どう育てるか、頑張るしかなかろう。

『すげえ〜甘え〜』素人の果実栽培、不揃いだけど甘味だけは果物屋と変わらないブドウが誕生 豊熟した姿に感激した。
ブドウが収穫するまでの成育過程は当サイトの名付けて、『M果樹園』で追ってみた。
ここでは栽培過程で実際に遭遇した災禍を例に多少智恵のついた『M果樹園』Part-2を追ってみた。
開花した小さい粒状の花穂(かすい)が認められたかなと思ったら、ご覧のような粒に成長してしまった。
一粒一粒が大きなブドウの房を作るために、咲き始めの時点で枝元の部分の花穂は切り落す。
主枝は前年に虫で蝕まれ、かなりダーメージを受けたが、生き残った主枝の一部から新しい芽が逞しく誕生する。ピンクの
蕾が開き一気に葉が開く、再生の原点である。
一斉に発芽するが、樹勢の強弱がはっきり判る。未来ある芽に全員揃って、育てたいところだが、群雄割拠の
戦国時代なのである。優勝劣敗の世の中、限られた樹勢に弱きを落とし、強きを助け、エリートを育てることに
注力せよとある。可哀相であるが生育の止まった弱い新梢は「ごめん」と一言、打ち首にしてしまうのである。
発芽状態で芽が一杯で勢いのあるものであるが、これが総て粒にはならない。開花後に受粉するのがこの何割かが
落下する。このままの状態で育って欲しいが、その割合は樹勢などにより、決まる。
「M果樹園」のPart-2
□災禍を被った『M果樹園』
◇芽吹き
◇開花後の受粉まで
トップヘ 次へ>>
一括見積り