済州島(cheju)周遊の旅
近くて遠いと言われた隣接韓国は日本に追いつけ追い越せと、誇り高い民族性とナショナリズムが産業を初め、サッカー、
野球などスポーツを含め今や広い分野で隆盛の勢いである。
韓国は現職時代仕事で深い関わりを持ち、何度か往復しているがchejuはその一つで元々、発電所の制御設備の仕事で
何度か訪れている。
昨今の韓流ブームに、完璧に染まってしまった家族の熱い要望もあり、仕事を離れ何十年ぶりかの韓国chejuの変容振り
を確かめも面白いと、お付き合いした。
'06ー4、昼間はバスに身を委ね、乗っては降りの繰り返しに、観光地を巡る、阪急交通社のツアーであった。
参加者は17名で大半はお金と時間沢山持つ、"ン十年前の美少女軍団"で、おじさんは私含め、連れ合いで来た、たった
の2名のまさにハーレムの世界であった。
そんな中で3日間、終始天候に恵まれた中で、現地旅行社の、時々理解出来なかったが、まあ流暢な日本語を駆使した
献身的な女性ガイド、文(moon)さんにお世話になった。
韓国と関わりを持ち、多数の出会いがあったが、文の姓は少ない部類と思うが、chejuに生れ、育った生粋のcheju人で
あった。moonさんのchejuにかける思いが、広い知識に繋がって、観光地、食事所、お土産屋とcheju島内の東西南北を
楽しく駆けめぐった。
当紀行は写真他かなりのボリュウムとなり、それぞれ、第1日目、第2日目、第3日目で構成した。
◇chejuってどんな所
薬泉寺福岡に近く気候も似ていると言われているが、日中温度は18°前後、桜が満開で、菜の花の黄色が目に鮮やかに
飛び込み、島全体が新緑に包まれ、観光には最高の時期であった。
面積は大阪府とほぼ同じと言われ、島の東西南北の名所旧跡や韓流ブームに乗ったロケ地など観光地を3日間で慌ただしく
廻った。一方ではコースに組まれた韓国料理や島に巡り合わせた豊富な海産物を背景にした活き作りなどたっぷりと胃袋に
おさめ、cheju島を通じた韓国文化をしっかり確かめられる場所である。
◇どんな旅巡り
トップへ 次へ>>
chejuは韓国本土からの新婚旅行のメッカと言われた島ぐるみ美しい町並みで、
春先になると菜の花が島全体を覆い尽くし、上空から見ると真黄色の絨毯に
飛び下りるようなパラダイスと本土の人達の憧れの聖地でもあった。
でも豊かな経済力は新婚旅行は海外へ、本土からの高校生の修学旅行と
韓流ブームに染まったおばさんの群れでどこも盛況で、大きく変わる時代背景に
訪れる人も大きく変わっていた。
菜の花一杯の時期
ロッテホテル
天帝淵瀑布
薬泉寺
山房窟寺
民族村
Sankumburi
方丈窟
城山
木石苑
三姓穴
cheju市内
Hotel
漢拏山(Halla-san)
中心となる範
第3日目
第2日目
第1日目
北↑
ホームページ