□動画への挑戦
手のひらサイズのデジカメ「IXY」(キャノン)であるが、いっちょまいに音入りで動画が撮れてしまう優れ物である。
時代の技術に無頓着なのか?静止画のカメラが此処まで手を延ばしているとは思わなかった。
先代の「CP-700Z」(オリンパス)に固執して、しがみついて使っていたが、とうとうズーム機構が壊れ、
高額な修理費を出すなら、最早此れまでと、 2代目の世代交代を図った。
しかし、既に時代の流れが早く、デジタル画像の記録・保存する高容量のSDメモリカードなどの電子部品の登場が
カメラの機能をドンドン新しい世界に拡げていたのであった。
◇早速撮って見た
画質 を一番落とし、1回の最長撮影時間は3分で、これを繰り返し、繋げていく。
512MBのSDカードだとなんと55分まで撮影可能である。
(但し、パソコンで見る範囲では気にならなかった画面も、TV画面で拡大されるとモザイク
模様になってしまう、ことも後で判った)。
まあ、こんなことをやってみると面白く、どんどん動画の世界に入ってしまった。
◇皆で見てみたい
折角の動画は皆で見て貰いたい。手っとり早く、皆で見るにはDVDレコーダーを通してTVモニターで見るのが良い。
しかし、拙宅のパソコンには撮った動画を見る事が出来るが、その画像データをDVDに落とす仕組みがなかった。
DVD
TVモニター
パソコンの画像データをDVDに落とす
仕組みが必要
画像データ
トップヘ 次へ>>
DVDを介してTVでモニターする
PC
◇PCの改造の取組
以上のことから動画の処理と動画データのDVD化などPCの改造を取組することになった。
しかし、具体的に検討を進めて行くとUSBボードの本体取付で、普段殆どやったことのないPC本体の内部加工など
たかがDVD化のためにチョット大げさな改造になってしまった。
まあ、乗り掛かった舟に引き返す訳にもいかず、その加工処理のあらましと動画のソフトについて以下紹介する。
ホームページ