アワードの挑戦の一つ"DXCC"を獲得した。
トップへ 次へ>>
DXerとして第一歩の記念すべき日
03-04-09ARRL(American Radio Relay League)から丸筒の郵便物が届いた。
中身を確認するまでもなく、おおよその検討が付いたが、紛れもなくDXCCの賞状であった。
疑心暗鬼で始めたアワードの挑戦に一つの目標を掲げ、DXerとして世界への羽ばたきの第一歩
を認められた記念すべき日であった。

ハム道の門を叩き、DXの魅力に取りつかれ、一つの目標であるDXCCアワードを取得した。
根気と熱意が失せない間に余り背伸びせずに一つ一つを積み上げ、遥かな目標に近づければと思っている。
DXCCアワード取得するまでの経過を辿り、更に、その運用実態を整理してみた。
地球上で遠くへ電波を飛ばしたい。さほどのテクニックがなくても多少の根気があれば誰しもチャレンジ出来る
ものとも思えるが、本記事で刺激になれば幸甚である。