世界規模のDXに夢膨らむ
無線に取りつかれ夢中になった学生時代、ハムの資格をとり、一度はどっぷりと浸かった。
しかし、無線とは無縁な職場に身を置き、猛烈な毎日に忙殺され無線がドンドン離れて行ってしまった。
一方で仕事もそこそこに身の廻りを見回すと、何の趣味のない不器用な仕事人であることに気づき、仕
事以外で何か夢中にさせるものを模索していた。
そんな折に友人から復活コールの話を聞き、無線とは全く無縁の世界から復活コール制度の恩恵を甘受し、
戸惑いながらも「昔の名前で出ています♪♪」・・・になってしまった。
従って、無線の世界に入りこの道では未だ4年(2003現在)に満たない駆け出しのビギナーである。
その氏素姓も判らないまま、時にはOMと呼ばれ、身の置き場のない恥ずかしい思いをしながらも、気持ちだけ
は数十年前の志を保ち続け、野次馬根性でハム道を取り組んできた。
無線の世界に夢中になる、その一つとして、無線でグローバルな世界を駆けめぐりたいと言う夢はアマチュア
無線を続けていられる大きな理由かも知れない。

海外の交信が増えてくると、海外の交信数から、グローバルな地球を相手に地域への広がりを求める方向に変
化して行く。具体的には海外交信相手も東南アジア〜ヨーロッパ〜全世界〜寄り難易度の高い地域へと段階を
踏みながら、熱き戦いの渦に入って行く。
難易度の高い地域への交信機会は国内は基より海外のDXer達が虎視眈々と狙っており、エキサイティングな
闘いがグローバルな世界で繰り広げられる。
ともかく、運用機会の少ない地域に交信サービスをするDX局が出ると、相手を蹴落としてまでも繋がろうとする
DXer達が蜂の巣をつついたように登場し、パイルの渦を産み、交信サービスをするDX局と交信する闘いが
生まれる。
DXerならトライしてみたい登竜門として、10m,15mバンドのPhoneでDXCC100のアワードに挑戦した。
電波伝搬は地球上に取り巻く電離層に反射しながら身勝手に地球上に飛んでいく。
その遠い昔、竹竿アンテナと真空管の時代に、ごくわずかなDXerの交わすQSOに憧れ、遠い存在でもあった。
'00-3-3 、21メガ帯で、お隣の韓国のDS2LUF と交信し、ともかく最初の海外交信に興奮したのが、未だ記憶に
新しく、記録に残る海外への踏み出しの一歩であった。
言葉の問題をネックにおっかなびっくりで始めた海外との交信も、数を重ねると、Q符号と繰り返し使われる言葉
の「ラバースタンプ」範囲で、十分確認が出来ることに、度胸がつき、地球上の彼方へ"もっと遠くへ"と夢は膨らむ。
感激の海外初交信
エキサイティングな闘い
<<戻る 次へ>>