その日のDXは開けていたのか朝(JST)10Mバンドで、激しい怒パイルの中、幸運にもカリブ(VP5)とQSOが出来た。
数少ない中南米局の一つであり、朝から付いていた。
その興奮も冷めやらずの夕方、15Mバンドで今度はアフリカ中部のリビア、EL2DTとQSOが出来た。
その日のうちに、中南米とアフリカが拾えるなんて、DX冥利につきる記念すべき一日であった。
◇運用ログから
◇QSLの発送
早速、インターネットを開き,QRZ..COMより、EL2DTのQSL Mannagerを調べ、WA4TIIが当該Mannager
であることが判り、早速IRCと返送用の航空便の封筒を詰めてQSLを送った。
◇幻のQSL到着
QSL Mannager、WA4TIIから紛れもなく、返送用の航空便が届いた。
しかし、QSLカードのデータがご覧のように無記入であった。
国内、海外含め、真っ白のカードは始めてのことであり、貴重なエンテイテイの一つが
一瞬にして手元から、拾いそこねてしまった。
◇何故だろう
空カードと共に、英文でタイプ打ちされた紙片が同梱されており、拙い語学力を駆使して、訳すと以下のような
事情があることが判った。
「私はdickson EL2DT のQSLマネージャです。
dicksonはmonroviaとその周辺の戦いのためにガーナからリベリアに去り、3月1日で6カ月になる。
私たちは週単位でQSLリクエストを確認するために電子メールを使用しました。
Shanaのdicksonはインターネット上の時間を制限しました。
従って私はQSLの要求することを最早確認することが出来ません。
私はあなたのカードを未確認に返しています。
すみませんが、私は最早EL2DTのためのカードを受理していません。
今後、状況変更および私が後にスタートすることが出来ることを確認します。」

と言う事でEL2DT のオペレターのdicksonがQRV後、内戦のために出かけ、QSLマネージャとの連絡どころでは
無くなってしまった。
一見平和うらに思えたハムの世界に地球上の何処かでは内戦状態に身を置いている所もあるのだと、思わず
身の引き締まる手紙であった。
こうなるとQSLカードなんてのはどうでも良かった。ハムの仲間としてdicksonのその後はどうなったのか、気になる。

データが未記入のカードが送られて来た。
□幻のEL2DT(アフリカ・ リベリア)
戻る