富士総合火力演習
1.胸ときめく
甥(兄の長男)は後方支援に回ったが、現役パリパリの陸上自衛官。
当人には一度火力演習を観てみたいと伝えていたが、その券の入手も難しいのか、中々実現しなかった。
その甥から忘れかけていた幻の招待券を貰い、思わず心弾んだ。
当日はなんと恨みの雨、朝6時に家を出て、中央高速で八王子ICから河口湖経由で須走へ。
激しく窓に叩きつける雨、前方の車からの白い水煙に視界を遮る、最悪の天候に、ひょっとしたら中止では
と不安一杯であったが、カーラジオから流れる”本日は予定通り実施”の広報を聞きつけ「よっしゃ〜」
と思わず声があがる。
放送メデイアを使って、当日の開催を流すぐらいに規模のでかいイベントであることを改めて確認する。
配布された案内状
整理券と案内状は右肩に
「守りたい人がいる陸上自衛隊」
のキャッチコピーをテーマに
彩り鮮やかなカラーイラストの
デザインが基調になっている。


”21世紀最初の総合火力演習。
実弾による本物の迫力をご覧下さい。”

招かれるものもこの言葉が総て、
気の入れ方がこのパンフにも
たっぷりと伝わってくる。

有事の際の、国を護る、国防の大切さ。
国土の周辺は国力を背景に領土権益
の進出と拡大。
平和だけでは守れない。
最前線の修練された軍事訓練の非日常
的世界。出来れば使って欲しくないが
備えて置かなければ、ならないのであろう。

トップヘ 次へ>>
ファンデーション