暮れから新年に迎える時期のお祭り行事は紅白歌合戦があれば、年始に箱根駅伝がある。お正月は孫娘の家で
子供たち3家族が集まり、お屠蘇を祝い、翌朝、箱根駅伝の走路にある国道1号線、権田坂下まで歩き、疾走する
選手たちの姿を追って、旗を振った。
 
暮れから読売の社運をかけ、TVのメデイアを通じて、宣伝され、まんまとかき立てられ、普段無縁な駅伝をTVの前
でついつい見入ってしまう。
男子マラソンは国際的にも、、トップクラスからその実力は差をつけられ、競うほどの力もない。まして関東エリアの
大学に限定されたローカルのかけっこに何故これだけ、入れ込まれるのであろか・・・?
東京の代表的な輸送経路、国道1号線を大胆に止めてしまい、険しさに天下の一二を争う箱根山を控えて起きる、
ドラマに若者たちがこの走りに、命をかけ、ひたむきな姿に、共感を呼ぶのであろう。今年で87回も続けられた
歴史と伝統を背に、繰り返し報じられる学校名に宣伝効果は抜群であろう。
不況の真っ只中、殺伐とした社会に、走りにかける一縷な若者の姿に響くものがあるのであろう。最高瞬間視聴率
が35.7%なんて言うのも、人気を表す大きな化け物スポーツ番組である。
◇ひたむきな姿に魅せられ 
現場で渡される立派なビニール製の旗に気合が伝わってくる。昨年(2010年)に競いあった20校が順位順に
並べられる。箱根にかける常連校、順天堂、大東文化、国士館、法政が既にこの中にエントリイされてない。
サバイルの予選から這い上がった各校であったかを物語る。
トップヘ 次へ>>
◇沿道で振る小旗
◇箱根駅伝を追って
一括見積り