昨年シード校としてエントリ-された、日本大学、専修大学が無くなっており、国士館大学、順天堂大学に替わっている。i此処に
参加するだけでも、多くの学校と競いあい、駆け登った栄誉ある学校である。
◇箱根駅伝を追って
元日早々、お正月は孫娘の家で3家族が集まり、お屠蘇を祝い、翌2日はる国道1号線、権田坂下まで歩き
箱根駅伝の走路まで駆けつけることが今年も定番のように行われてしまった
◇改めてこの駅伝とは
暮れから新年にかけてのまとまった休みは日本独特の様であり、年始廻り以外は家に居ることが多い。
読売系の放送メディアの社運をかけた前宣伝もあって、箱根を頂点とした若者達が競い合うドラマについつい見てしまう。

日本独特の駅伝は同じかけっこでも、マラソンとは異質の日本固有の団体競技である。区間更新記録とか山登りの名人とか
東洋大の柏原のスーパースターとか色々、話題は豊富であるが、関東エリアの大学に限定されたローカルのかけっこに過ぎ
ない。ましてや柏原を称して「山の神」とは箱根山に住んでいたある一神社が祀る、神様で、尊い人物の称号では無かろうか。

ところで2012年は7月に世界のスポーツの頂点であるロンドンオリンピックがあり、ナショナリズムをかけた激しい戦いが行われ
選手も、見守る全世界の民衆も、熱くなる大会である。
エントリーされる競技者は少なくても、此れを目標に技術を磨き、国の代表として選出され、栄えある頂点を目指している。
しかし、日本の男子マラソンは国際レベルから遥か離れており、国内の大会でも外国人に歯がたたず、彼らの後塵を追う姿に
あのメダルは今や遠い夢の世界である。そんな位置にある国内競技で神様にしてしまうのはメデイアの興味を起こすための
言葉の便法と思えてしまい、余り馴染まない。
大勢の大学が集まるトップランナー達もこの箱根駅伝にかけ、徹底的に研ぎ澄まされ、練習もこの正月競技にかけ燃え尽きて
しまうようで、全世界を相手にするオリンピックに繋がらないのである。
関東エリアの大学に限定されたローカルのかけっこであるが、学校の抜群の宣伝機会に、全国レベルから秀でた選手を集め、
歴史のある伝統の箱根駅伝に総力を結集する。そしてこの大会を制覇することに選手も関係者もこの戦いにかけるのである。
そんな背景の中、TVの視聴率は約29%と高い視聴率を相変わらず位置にあるのは、たすきに総てをかける、熱き戦いのドラマに
引かれるのであろうか・・・。
目の前を宙を舞うが如きにかけ抜ける、俊馬の姿を見たさに、また来てしまった。
トップヘ 次へ>>
箱根駅伝(第88回)
一括見積り