冷静に且つ大胆に
高所との闘い


アンテナ構成の姿は
試験途中のものです。
(現行と異なる)
スニーカー
テーマ コンテンツ
アンテナ工事 当初のタワー設置から始まりました。
DX挑戦 HB9CVの建設運用( CQ誌に掲載されました)
DX挑戦PART-2 新たに14メガを加えたトライバンドHB9CVに更新(アンテナ設備の最終姿です)
DX挑戦PART-3 トライバンドHB9CVの飛び具合は果たして どうであったか、14メガの最初はアフリカであった。試行後のREP
ローテター補修 1本の輪ゴムが起こしたローテーターの不具合の大騒動、修復するまで
ローテーターの災禍(2度目) DX運用の要の一つローテーターが動かない。コントローラの単体試験がVR一つで出来る。
禁を犯した回転機構部の分解。再びWWコンテストに参戦、カリブ海で暴れまくる。
7メガ拡張バンドへの取組 構築以来10数年のルーフタワー、瞬間最大風速40m/sにも良く耐えた。久しぶりにタワーに取り付き補修。
7MHZのダイポールの短縮化により拡張バンドの運用が確保出来た。
UHF帯
空中線を制す UHF帯の空中線系の異常なSWR値に、高所作業を含め、原因解明に至るまでの姿
空中線を制すPart2 HB9CVの接触不良に継いでUHF帯の空中線系も異常で総崩れ、果たしてその要因は
430MHZの強化 DXに特化するため落してしまいました参考で見てください。
home
UHFにエキサイトしました。
運用開始から色々、試みて見ました。
DX運用に絞って、結局シンプルな構成になってしまいました。
2階の屋根から8M.。安全帯をつけても「あんな高いところに」と
最初は躊躇しました。
多少馴れたとは言え、高所作業はやはり怖いです。
アンテナ建設
全般・
HF帯