<設備構成> 識別信号JA1BYP

周波数 アンテナ 地上高 電波形式 送信出力
14MHz
21MHz
28MHz
Tribander
2EL
BEAM((HB9CV)
15M SSB 200W*
7MHZ
21MHz
28MHz
Multibander
V-DIPOLE
12M SSB 200W*
50MHZ 暫く休眠してます
−− −− −−
144MHZ
430MHZ
GP
(旧15エレ×2
15M FM
SSB
20W
<アンテナ諸元>
ロータリー
ビーム方式

1)7.21,28,
430MHZ同一マスト搭載
・送信出力:200W←100W*'11-12許可・・・無線局免許状
ハムとは全く 無縁になった状態で既に放棄してしまったJAコールの復活の朗報が取り巻き連中の口コミから
伝わってきた。
早速40年前に自分が使用していたコールーサインを証明する『無線局免許(承認)状』の古くさい書類が、数十年
眠って残っていた。 ・・・昭和33年6月30日寺尾豊 郵政大臣発行を添付して申請する。
約1カ月程して、JA1BYPを明記した無線局免許状が届き、感激の復活コール再開の道が開けた。
\(~o~)/
アンテナの構築も終わり、SWRも略予想以上の結果が出て、 愈トランシーバーに火を灯した。430MHZで都内某局
にピックアップして頂き、なんとかと初交信。信号明瞭度,RS59のレポートを貰い、まともに飛んで いることを確認した 。
その時は何を喋ったかもう興奮のルツボ握ったマイクは汗でグッショリ何とかその場は 取り繕い大空への羽ばたき
は無事に行われたようだ。(^。^;) アセアセ!40年振りの再開、やはりこの一瞬は忘れられない出会いであった。
(^_^)/□☆□\ (^_^)
HFからUHFまで総てのバンドを IC706、1台の運用であった。
国内はもとより、ヨーロッパや南米当たりまで、10W機でも好コンデイションに助けられ海外DX迄出来てしまい、海外
DXの魅力に取りつかれた。
しかし、モービル車載の専用機の10Wのミニ運用では耳の悪さなど、共併せ、パイルの渦に弾き飛ばされ、所詮はお
遊びの世界であることに気づいた。やはり海外DXとなると相応の送信出力を満たすための資格要件と設備に限界を
感じる。
2)HF専用機の導入
遠くへ飛ばしたいはハム道の一つのステータスなのか、それを充足する良く聞こえる物、より性能の高いものへの欲
求は自然と高まった。そんなおり、中古品でも良いからと物色していたが、さる筋から口コミでHF専用機をとして、FT-
920を導入する。
専用機は予想通り、使い勝手を追求した機械なのか、ともかく耳が確実にランクアップした。
空中線電力50Wの増力やハイビームアンテナとしてHB9CVを導入し国内、国外含めHF帯への足掛かりが確かなものに、
なってきた。
<HF帯専用 リグ>・・・ヤエスFT2000D(200W)機
HF帯専用機として、使い慣れたヤエスFTシリーズの後継機種として採用し、200Wにパワーアップ。読み易いアナログ
メータとディユアルワッチなどスプリットなどにDX運用に、有効。920受信性能含め抜群の使い良さは継承されている。
7、14、21、28、メガはもっぱらこれで運用 。
<UHF専用リグ>・・・ICOM製IC-706MK2G
1.9〜430MHZの範囲まで送受信出来るコンパクトな優れ物。当初はこの1台で総てを賄ったが、現在は430メガ専用機
で運用している。マイコン搭載でパネル表面のモードスイッチとデイ スプレイで各種の機能選択出来る。
HF専用機との対比でコンパクトなサイズであるが、放熱面で無理があるのか、何回か成仏、入院しているのが、気になる。
トップへ 次へ>>
1.復活コール・・・1999-7-29
2.再開後の初交信・・・9ー19
3. 海外DXの魅力に取りつかれる
4. 3級アマチュア無線技士の資格取得と専用機の導入
1)3級アマ資格取得
空中線電力50Wに無線局免許更新・・・2001-6-25
電気通信術(モールス)など、非日常的な世界に没入し、資格取得のための学習に専念し、何とか3アマを貰い、HF帯
の空中線電力を50Wにパワーアップする。
テープから流されるモールス信号に、手を震わせ、怒緊張の数分間で、待ったなしで回収される回答用紙。言い訳無用で
判定される電気通信術は未だ鮮明な記憶が残っている。
5.DXCCアワード取得(100エンテイ)・・・2003-4-9
証となるQSLカードを含めARRL(American Radio Relay League)に申請し、DXCCアワードを取得した。ハム道の門を叩
き、DXの魅力に取りつかれ、一つの目標であるDXCC(100)に到達した。
根気と熱意が失せない間に余り背伸びせずに一つ一つを積み上げ、遥かな目標でもあったが、時恰もサイクル23の波
に乗り、僅か2年余りでDXerの登竜門であるアワード取得であった。

DXCC(DX Century Club)はアメリカ合衆国のアマチュア無線連盟が制定したルールにより決められた335エンテイテイ
(February 2002)の中から、最低100以上のエンテイテイの局と交信したQSLカードを得ることにより、このDXCCに入会
する事が出来る。
この入会の証として発行される会員証がDXCCアワードである。従って、最終目標は全エンテイテイの交信であるが、
道のりは大変険しい無謀承知のDXCCの挑戦であった。
<シャック>
狭い机に 2台のリグとスタンドマイク、小さいマイクはローカルJA1KPB局の作品
左側のデスクトップPCはハムムログが 立ち上がっている状態。
ログの書き込みや 、スタンバイ操作も総て此処で出来るようになった。
冬は暖房機代わりになるが、夏は地獄の収監部屋となり、鍛えられる。
4. 2級アマチュア無線技士の資格取得と空中線電力パワーアップ
1)2級アマ資格取得・・・2006ー10ー5
1アマ、2アマの上級試験は従来の3アマを持っていれば、電気通信術は免除される緩和処置もあって、法規と工学
のペーパ試験に集中することによって、資格取得が手の届く所になってきた。
一方サイクル23コンデイションの降下にDXの機会も少なくなり、リグに向き合う機会が少なくなった。
そんな背景の中で、制度変更にともなう、おいしい特典に、上級へのチャレンジに心揺らぎ、加齢に伴う、根気力
集中力、記憶力の衰えがあっても、此れをラストチャンスと思って、確実に取得出来るターゲットを絞り2アマにチャ
レンジし、何とか取得した。
2)無線局免許更新・・・2006ー11ー3
DXの間口を拡げる一つとして、新たに14メガバンドの追加すると共に移動運用を「固定運用」に変更し、7、14、21、
28メガについて空中線電力を100Wにパワーアップする。
これを実現するため、空中線は従来のHB9CVから、14、21、28メガを載せるトライバンドHB9CVに更新し、14メガに
電波を出せる設備拡充を図った。DX挑戦PART-2
□JA1BYPの歩み
DXCCの挑戦
2級アマ無線技士受験記
DX挑戦
スニーカー
100W←50W*'06-11許可・・・無線局免許状
3)無線局免許更新・・・2011ー12
エンテイテイが増えてくると、New oneの対象が狭まり、ワールドワイドでの珍局狙いに、必然的、に厳しい鮮烈な
戦いが強いられる。DXの更なる飛躍にかけ、7、14、21、28メガの空中線電力を200Wにパワーアップする。
ヤエスFT920S(50、100W)機は2001年から、2011年まで10年近く使い続けていたが、その役割を終え2代目に交替した。
現在東北の某所で再び前線で活躍して入るはずである。
<さらば愛機FT920>