大空の彼方
遙か幽玄の世界へ
果して何が映るんで
あろう ?

天女が泳ぐ、
幻想の世界 に
惹かれ高所に
よじ登って見た。

いやいやそんな
ロマンより、いい歳した
親爺が危険を省みず
アンテナによじ登り
めまいを伴いながらも
その眺望を この目で確かめ
たかったのだ。
トップヘ 次へ>>
経済