花めぐり
春の陽気と共に、花の季節がやってきた。
国花の一つでもある桜の開花が巷間が騒がれるが、その桜の蔭に隠れていろんな花が一気に弾ける。
今年('05年)の冬は何時になく、寒く、長かった。冬の間にエネルギーを蓄え、僅か数日で蕾から、眩しいばかりの
花が開く、変化に富む日本の四季で一番晴れやかな時期ではなかろうか・・・。
この時期に「花めぐり」や「花祭り」が催され、多くの人が繰り出される。でも、人込みに揉まれなくても、道端にも
華やいだ舞台が一杯ある、何の脈略もなく、目に入る花を拾い集めた見た。
□桃の花
スライド写真 2枚
トップヘ 戻る>>
隣家の庭に見事な咲きっぷりを見せる桃の花。
白い雲、真綿のようなと色々言葉が巡り巡っても、透明感豊かな白さはもうこれ以上のものがあるのだろうか
と思えるぐらいに白の美しに圧倒される。
この白地に淡く溶け込んだ薄いピンクが、何とも言えない気品のある姿を作り出している。
「桃源郷」とは陶淵明の桃花源記から、俗世界から離れた別天地を言う。
その桃花源記から
突然一面に咲きそろった桃の林に出逢った。川を挟んだ両岸には数百歩の間、桃の木
以外の木は一本もなく、香しい花が鮮やかに咲き誇り、花びらのひらひらと舞い落ち
るさまは実に見事であった
「私どもの先祖が秦の時代の戦乱を避けるために妻子や村人を引き連れてこの人里離
れた山奥に来て、もはや決してここを出ず、そのまま外界の人々と縁が切れてしまっ
たのです」。
「桃源郷」とは
ホームページ