ああ〜八高線
住まいに隣接する、八王子市内を駆け巡るローカル線に「八高線」がある。
 都心から離れ、埼玉を取り抜け群馬県の高崎まで、元よりローカルの名に相応しい路線である。
 唯一都会から見放された路線と思ったが近年、開発の手が加えられ、ジーゼルから電化され、併せて駅舎も大半が無人で
あったものが有人になり、立派な建物に変貌した。
 但し、八王子市内を走る路線の風景は都心にない田園に囲まれた独特の雰囲気に包まれその鉄路は鉄道ファンでなくても、
絵になる風景である。
 足の届く範囲で、眼に映る鉄路の風景を追っかけてみた。
トップへ 次へ>>
経済
八王子を出て、最初に渡るのが
”淺川”である。
市内の中心街である、高層ビルが
背後に控える。
八王子を出てから
この橋を境に
車窓から飛び込む風景が徐々に
都会地から
田園風景に変わってゆく。