DXへの挑戦
1.DXを追いかけて
ライセンス再開以降、冷や汗をかきながら、おっかなびっくりで始めたDXも
多少の数をこなしてくると、度胸だけはそなわってくる。
世界を相手にと言っても、南米とかヨーロッパのごく限れた範囲と交信でき
ると、それ程、全世界も手の届かぬ所にあるとは思えない、感覚に陥ってしまう。
何処迄届くのか、その好奇心と会話のハンデイを乗り越え、厚かましくもづう
づうしく、思わずでかい声を張り上げ、叫ぶことに、羞恥心が薄れると、怖い物
知らずにDXの世界にはまり込んでしまう。
余り確証もないまま、唯一のV型ダイポールで海外との交信は それなりに出来
た。
但し、この世界ではKWクラスのパワーと4、5エレの八木アンテナで目の前の
海外局を軽く捕らえるのが、ごく当たり前のような世界のなかで、か細い電波で
ようやく拾って貰らっても、『Very Week・・・Soory see you again』と悲しい
宣告通達をされる、悔しさは幾度か味わった。
そんな背景から、少しでも遠くへ確実に飛ばしたいと欲望はいやが上でも、高
まり、今出来ることはアンテナを見直すことであり、飛びの良いアンテナに目は
そそがれた。
2.アンテナ選び
アンテナ選びは 密集する住宅地に典型的なウサギ小屋の狭い敷地の弊宅では
V型ダイポールが精一杯であり、フルサイズで多素子のエレメント八木アンテナ
などは密集した宅地では近隣と思わぬトラブルも起こしかねない 。
まあ、そんな取り付け環境の制約から、小型で高性能のアンテナと言うことで
ミニマルチ社から21、28Mhz デュアルバンド HB9CV 2エレメントを紹介して貰っ
た。
4、5エレ八木並の高性能とエレメント6m,ブーム長 1.5mのコンパクトにまと
めれた小型化が周囲環境との調和を含め、何よりも、魅力的で、即刻メーカへ
直接調達した。
HB21-28の定格
使用可能周波数 21,28Mhz帯ハムバンド
エレメント数 2
エレメント長 約6m
ブーム長 1.5m
フロントゲイン 9db
ゲインバックレシオ 20db以上
バンド内VSWR 2以下 (最良点 1.2)
耐入力 0.5KW DC(1KW PEP)
給電点インピーダンス 50Ω
ドリブン方式 デュアルラジエータ方式(共振型)
重量 約6.0Kg
3.アンテナの組み立て
屋根上に組み上がった
HB21-28の全容。
二つのラジエータ間は
位相給電線(アルミ棒)
で互いにクロスの状態
になるよう接続する。

エレメントの長さは
エレメント同志の結合で
インピーダンスマッチや
ビームパターンの出る
ポイントが予め調整設
定されているので、取扱
説明書の通り忠実に
組み立てれば設計通り
の性能が発揮出来る
構造になっている。
ローカルさんにより
組み込み後の確認。
取付部分の増し締め
など、アンテナを上げ
る前に念入りに準備。
トップへ 次へ>>
経済