平山城址公園、花見へ
2010ローカルハム、集まれ〜
開花宣言をしたものの、3月末の雪交えた冷雨など異常な寒気に、恐れおののいたか、蕾はしっかりと閉じてしまったが、4月3日は
ご覧のような咲き頃でもあった。何時になく、花見をやろうと声掛け合い、近隣の無線仲間が気軽に集まり、桜の咲きほこる時期に
季節感をたしかめようと、今年も酒宴の席を設けることになった。
北野街道の下界から平山城址公園へ向かう急坂を一気に登り詰める。ほぼ頂部に近い、京王電鉄の研修センター脇の道が一番
桜が多く、桜並木に迎えられ、華やいだ雰囲気に浸り、気分は「花見モード」に一気にスイッチが入る。芝居小屋で言われる花道と
は正にこのことであろうか、桜咲く、僅か1週間余りの、1年で1番華やいだ時期である。道の両脇には金網のフエンスが、急峻な崖
と京王の施設への立入を防いでおり、車も通る道ではじっくり歩き桜の屋根のオブジェクトを確かめ、心酔する。
桜の木に寄ってみる。既に花開き、見事な色合いに華やぎ、後を負う蕾も万を辞して弾けようと、頃合いをみ図っているが、
薄い日照りに、此処は未だ未だ寒い。パット咲いてパット散ると言うより、今年は咲きごろが長く、何時までも楽しめる花見
ではなかろうか。
トップへ 次へ>>
FX入門塾