□旭岳
昨年(2006)の「道東」に続き再び北海道「道央」に来てしまった。
「道央」は2回目で、旭川から富良野、美瑛の「パッチワークの路」や「パノラマライン」はお馴染みの定番コース
であるが何度きても、また新鮮な気分で、旅の醍醐味を味わう事が出来た。
「道央」2回目と言いながら広い道内、未走行の部分は沢山あり、改めて懐の深さを思い知らされる。
季節を告げる代表的な旭岳、道央を素材にしたドラマ、「北の国」「鉄道員(ぽっぽや)」などのロケ地、更に人集め
で話題となった旭山動物園など盛り沢山などメニュウをたっぷり体感してきた。
山や渓谷、広々とした草原の自然の触れ合いや、ドラマ、鉄道のテッチャンシリーズや、最後は帯広のばんば
競馬で留めをさすなど、4日間の、濃厚なてんこ盛りのコースであった。
今回も、意気投合した親戚家族と御一緒出来る機会を作ってもらい、2家族4人の楽しいミニ団体旅行になった。

コースは以下の通り、
1日目は旭川を起点にロープウエイで旭岳、更に天人峡へ向かい羽衣の滝、足場の悪い敷島の滝へ行き、旭岳
に戻り宿泊する。
2日目は旭山動物園で見学、旭川市内で食事、宿泊する。
3日目は美瑛でケン&メリー、セブンスターの丘、四季彩の丘、五陵を周り、富良野の麓郷へ向かい「北の国から」
のロケ地、更に南富良野の幾寅駅「ポッポ屋」のロケ地見物し、然別湖で宿泊する。
4日目は早朝然別湖遊覧船に乗り、上士幌で廃線跡や鉄道資料館見学、更にナイタイ牧場十勝に向かいバンバ
競馬、廃駅となった幸福駅見物し、十勝空港から、帰京する。
□道中の足は時代の寵児ハイブリットカー
4日間の足となって活躍したのは写真にある、時代の先端を歩むシビックハイブリット車であった。
モータとエンジンの混用の駆動の変革車に初めての出会いはどんな乗り心地か、貴重な体験が出来た。
出だしはモータ駆動で、遊園地の子供が乗る、ミニカー感覚の走りだしでともかく静かな走行音でなめら
かな発進、徐々に加速すると、エンジンに変わるようであるが、切り替えは殆ど気づかない位にスームス
で違和感はない。運転操作は従来のエンジン車と全く同じで、この静かな走りに驚きと、感動を体感できた。
しかし、ハイブリットの威力を燃費で期待したが、アップダウンの多い山坂道が多かったせいか、大人4人乗
って17q/l程度であった。
静かに、力強く走りまくったその雄姿
トップヘ 次へ>>
2007 道央の旅, 第1日目
ホームページ