2007 道央の旅、第3日目終了
<<戻る トップヘ
□幾寅駅から然別湖へ
写真 NO
国道38号線を東下する。雲は解け、再びの青空になるが、秋の陽も短く、段々傾いて来る。様子の判らない
今晩の投宿地である然別湖に出来れば明るい内に辿り着ければと、多少のあせりもあるが、渋滞無のノンス
トップでまっしぐらに走る。
◇然別湖畔 温泉ホテル風水
本来ならば此処から開けた十勝平野が見れる筈であるが、既に闇の中になってしまった。
明日は此処から降りて、十勝平野を走り回り、帯広空港に目指す。
@
B
ナビゲータから、然別湖まで後僅か、途中の大雪山国立公園に属する「扇が原展望台」で小休止で此処に寄ってみた。
一昨日廻った旭岳も含め、此処も大雪山国立公園に属し、道央の山岳地帯をすっぽり納めてしまう公園の規模に驚か
される。既に宵闇迫り、薄暗くなっており、僅かな光りに山頂部が確認出来るが、すっぽり沈む前の、幻想的な世界で
あった。
国道274での分岐点で左側の然別湖・糖平側へ。「さあ、いよいよ然別湖だ」然別の看板にホット安堵するも
薄暮の世界は加速的に早くなり、暗くなってくる。此処からいよいよ然別湖を目指し山道に入っていく。
◇扇が原展望台
A
木立の生い茂る所で左折し、国道38号線から別れ、国道274号線で鹿追町側へ入る。
平坦で真っ直ぐ伸びる道路は何処までも続く。
トンネルを越えた先が湖畔のホテルに到着。
何といっても、此処では豪華な食事が部屋で出来るなど贅沢を甘受出来る。
前日の旭川のホテルでは浴衣着、スリッパの移動厳禁。わざわざ服を着て靴を履き、風呂に行くにも、厳しい縛りの世界
が苦痛であったが、畳の上で、ゆっくりくつろげるのは別天地であった。
料理を楽しむのも、大事な贅沢。色々出たが、取り分けの逸品は「シュロコワ」と言って、然別湖に生息するイワナの一種
さっぱりとした口当たりに、日本酒の酒の肴に合う 、呑み助にぴったりの渓流魚であった。
明日はその然別湖で、早朝6時半のクルージングである。
スライド写真3枚