◇女満別メルヘンの丘
神話・伝説・童話など「説話文学」の一形態を「メルヘン」と言われるがそんな物語が生れる舞台の場所である。道東の
主要都市である北見・網走間を結ぶ国道39号沿いに位置し、網走湖を望めるほか、周辺には地平線が身近に感じられ
る丘陵地がある。夕陽や四季折々に見せる風景は、フォトポイントとしても有名で、その姿に見過ごすわけにはいかず、
車を止めて、改めてその雄大な姿に感動した。
看板表記の四季の変化はそれぞれ鮮やかな色彩を持ち、何れも絶品な絵になる。現在は収穫も終わり、トラクタで整地され
た広大な土の姿が目の前に拡がる。そろそろ、長い冬に向かって、冬支度の準備なのであろうか、澄みきった空に淡い雲に
この大地、今正に秋を告げている。
◇オホーツクしまりす公園
早速、公園内に足を踏み入れる。網で囲われた庭先の空間に、小さな小屋や隠れ場所が多数用意され、無数のしまりす達がチョロ
チョロ走り回っている。既に人慣れしているもの、警戒心が強いもの様々だが、足元にも動き回るので、敢えなく踏みつぶされる犠牲
者も居るようで、園内での歩行は足元の注意が必要である。有料の餌と軍手を預かり、しまりすとの関わりを楽しむ。
手を差し伸べただけで、無警戒にチョロチョロやってくるものもある。こんな近接した位置で可愛い仕種を楽しみ、写真で納められるの
も、人間から餌を与えられる環境に慣れてしまっているからであろう。
国道39号線から呼人(よびと)市街の派出所の交差点を曲がって、網走湖畔へ向かい道なりに走ると、湖畔の堤防に出る。
その堤防上を真っ直ぐに走ると「しまりす公園」が見つかる。案内表記の矢印の看板が異方向に指示していたり、公園近くに
来ていたものの、周辺を迷走してしまった。車を止め地元の人に場所を確認したが「直ぐ、そこを曲がって、道なり・・・」。
この「直ぐそこ」がかなり先を指す、道産子の感覚と我々本土の人間とのかなりずれがあることも判った。
その動物園は相手が小さな「しまりす」だけにログハウス風の建屋の庭先が放し飼いの「しまりす公園」であった。
「メルヘンカルチャーセンター」は、地元産の農・畜産物の加工を行う研修室や、屋内多目的広場があり、多くの人に利用され
いる。肥沃な大地にたっぷり栄養の行き渡った牛がのんびりと餌をあさっていた。
<<戻る 次へ>>