道央の旅
2011 夏
年々暑くなる国土に、7月に入って梅雨が何処かえ追いやられ、何時の間にか本格的な夏に入ってしまった。
今年(2011年)は3.11の東日本大震災による原発事故で、節電が強いられ、冷房もままならず、取り分け暑い東京になってし
まった。暑さに逃げ場を失い、今年も自然の冷気を貰いに北海道に来てしまった。
広い北海道、既に走破した道央であるが、道央の南側は未走行の所ばかりであった。今回、千歳を起点に小樽、積丹半島、
ニセコ、洞爺湖を回り再び千歳に戻り周回した。何時ものことながら車ラッシュから解放され、すかすかの道をほぼ独占に近い
状態でハンドルを握り、景勝地を巡った。海に近いこともあって新鮮な海の幸に巡り合わせ、暑さを忘れる一時をたっぷり楽しむ
事が出来た。
◇羽田から千歳へ
朝5時、未だ脳味噌が眠りから覚めないまま我が家を出発し羽田に向かう。早朝に未だ通勤ラッシュを始まる前、乗り継ぎで
何とか羽田の出発ロビーに到着し、手続きを済ませ、機上の人になる。
南北に長い列島に、この時期、東京とは全く違う異郷の地に取りつかれ、北行きは恒例行事になってしまった。機内は満席、
この時期に涼気を求め、北への逃避行は自然の成り行きで、人気の原点かもしれない。
機は旋回し一気に上昇、窓から今飛び立ったばかりの羽田の滑走路と東京湾上を白い航跡を残しながら行き交う船舶がはっ
きり見える。どんよりと覆われた雲間に何処え向かうのか、翼の右側に同じような機がしっかり見える。この機影に国内外含め
羽田の過密ぶりが伺える。靄がかかり、くそ暑い東京を一ッ飛び、一路、千歳に向かう。どんよりした蒸し暑い空気の東京から、
これで暫くおさらばである。
千歳にズシーンという音に無事機は千歳に到着した。「うわ〜涼しい」と思わず声が出るほどタラップから空港に出た瞬間の冷気
が何ともたまらない、北の空気である。これまでの暑さが総て、此処でリセットされ、一気に飛んでしまう自然の涼気である。
千歳空港からかなり離れたレンタカー基地まで、専用バスで運ばれる。「何故、是れ程遠いのであろうか?」広々とした道内を走り
回るレンタカーの需要が多いのか大量の車両を抱え、広々とした駐車場の各社のレンタカーが軒を並べている。広大な場所の確
保に、離れざるを得ないのであろうか・・・。
トップヘ 次へ>>
小樽編
一括見積り
←しっかりと機影が見える
◇千歳到着