◇「熱烈歓迎」旗がはためく
今年(2011年)は3.11の東日本大震災による、原発事故で外国観光客の来日は国絡み規制され、パタッと止まった。中でも中国人の
足が止まったのは観光地に大きなダメージを与えた筈であるが、一部規制を解かれ、7月初めのこの時期、「熱烈歓迎」の旗がはた
めき、中国人を乗せたバスが複数台、美国港にやってきて、賑やかな中国人団体がドット吐き出される。ショートパンツにすらりとした
足長、サングラス姿はもう、日本人と識別出来ず、喚く言葉に始めて中国人と判る。
震災後、未だ半年も経たないが、あれ程大騒ぎした震災の後遺症も、此処では除け、既に中国人の観光来日が始まっている。
トップヘ 次へ>>
□水中展望船「ニューシャコタン号」
真っ白い船体に天井には日除けがかかっただけの開放的な船内の定員78名の水中展望船が待ち受ける。船体の端に
急階段があり、船底室に繋がっている。船底室には側面に透明の大きな窓が用意され、当船の最大の売りである海中の
世界に案内してくれる。
乗船する前の待ち時間に、この岸壁から海中を覗くと、透明感ある海中に、正に手の届きそうなところに群れなして泳ぐ魚
がはっきり見える。ここでタモを下ろせば一度に数匹の魚を掬う事が出来るような、漁影の濃い場所であった。岸壁の一角
に天日乾しの魚が漁業の街を印象付けた。
道央の旅
2011 夏
美国・積丹半島編
この旅の大きな山場の一つである、積丹半島の海岸線を一回りする。水中展望船から或いは陸伝いの探勝路から断崖絶壁の世界と
シャコタンブルーと言われる鮮やかな色彩の海に感動した。美国では美国神社の祭礼に出くわし、真っ赤な衣装の天狗様の姿に祭り
の血が騒ぎ、思わず車を道端に置き、行列を追っかけてしまった。
積丹の先端部ではトンネルを潜り、抜けた先のガラリと開けた海岸の展望に感動した。神威岬のチャレンカの小道は両側海の絶壁の
尾根間道でスリリングであった。北海道有数の景勝地として神威岬までの、道のりは流石が素晴らしい炯眼であった。
日本海に突き出た積丹半島の先端は風も強く、過酷な自然に晒される険しい場所であったが、終始天候に恵まれ無事に周回出来た
ことは幸いであった。車は海岸部から、内陸部へ、爆走し、夕陽に照らされる羊蹄山に迎えられニセコにたどり着く事が出来た。
一括見積り