□八高線多摩川鉄橋上で正面衝突
□事故の状況
□死傷者
確認された死者は104人であるが、多摩川に落ち、遠く東京湾へ流された行方不明者が20数人以上居たと言われ
ている。
第8橋脚
トップへ 次へ>>
第7橋脚
終戦直後起きた鉄道史上でも有数の大事故が身近な所で発生した。
闇の中に葬られそうな大事故にようやくモニメントが事故現場近くに建った。
その時、どんなことが起きたのか!!

事故の様子をアニュメーションで再現するなど、その模様を再現してみた。
上り第6列車
多摩川鉄橋
下り第3列車
1,昭和20年(1945)8月24日 八高線(単線運転)は上下線共、蒸気機関車で牽引された5両編成の客車は
多摩川鉄橋上に差しかかる。
2,同鉄橋上の第7,8橋脚付近で正面衝突する。
3,機関車と機関車は重なりあう形で制止する。
4,上下列車の先頭車両である1両目の車体は粉砕され、河中に落下し、後続の二両目が馬乗りの形で乗り上げる。
5,衝突の状況から恐らく両列車とも60キロメートルの時速で走っていたものと思われる。
google