川崎火力発電所5号機、6号機(K5、K6)の幕引き
限られた人生を振り替って見ると幾つかの大きな仕事、思いで深い仕事など節目があり、中でも十指に入るのは
此処、東電川崎火力発電所の建設に携わったことが挙げられる。
折しも東京オリンピック で国内建設ラッシュに沸き返る頃、従来米国系一辺倒であった火力発電所が本流の中
で日本で最初の欧州系の大型火力設備の導入で大変注目を浴びた建設であった。
ドイツ・シーメンス社から17名の技術や据付員を迎え、言葉の違い、仕事の進め方の違い、プライドの高い彼らと
のギャップにぶつかりながら、工期に追われ、休みのない毎日であった。
目の前は海、川崎臨港の場末で何も刺激のない場所で建設や試運転に追われ、外国製の制御装置など、その
専門性から責任ばかりを追わされ逃げ場のない、大事な青春期の汗と涙の現場でもあった。
竣工を迎え、当地から三々五々事業所に帰っても、当地で取っ組み合った担当の制御装置と火力設備竣工の
錦の旗もとに従事した人々との苦労や当地での生活は鮮烈な印象として残り、消えそうもない。

竣工以来、発電設備として一役を担ってきた設備は人間に寿命があると同様、機械にも寿命があり、約40年の経
過で全うすることをこの2004年秋に迎えることになった。
当時の建設に携わった人々はこのK5,K6にそれぞれの思い入れがあり、設備廃止前のお別れの生前供養とも
併せ主幹工場である川崎工場と東電川崎火力を見学し、最後は川崎にて思い出話に華を咲かせ熱い想いを語
りあった。
建設当時の写真を引っ張り出しながら、当日の集まりの様子を整理した。
建設当初は石炭火力で産声をあげたが
クリーン化を目指しLNG(液化天然ガス)
に変わった。
一番手前が建設中の
5号機
据えつけられた5号機 タービン・発電機
出力175,OOOKW
ネッテスハイム兄弟を交えて制御装置担当の当時のスタッフ
当たり前だけど皆若いなあ〜
トップへ 次へ>>
火力発電所の中枢を握るBTG(ボイラー・タービン・ジエネレーター)盤
試運転段階の中央制御室も国際色豊か
□懐かしい当時の写真
◆切磋琢磨した現場作業
本格的な欧州系技術の導入として、ドイツから機械とも併せ据付指導員がやってきた。
建設作業を進める段階で仕事の進め方にドイツと日本の違いが大きく違っていることが判り、国を越えての
国際協力は必ずしも順風ではなかった。
工場で物を作り、現地で据付、試運転を行い、引渡を行うプロセスで日本ではその節目節目で設計が図面を
フォローし、設計が指示した図面・ドキュメント通りに機能しているかを現地で試験をしていくのが基本である。
一方シーメンスは設計の及ぶ範囲は、製品が工場出荷するまでで、据付以降は現地据付指導員の裁量に
任されてしまうなど根本的な違いがあった。
計装担当の主任据付員「ネッテスハイム兄」曰く
日本ではでは細かい所まで図面できっちりと指示。据付員の経験から生まれた提案も変更手続きが大変で
受け入れてくれないと不満であると吐露していた。
日本、取り分け天下の東電での仕事上のギャップは埋まらず、間に入った我々も一番悩んだことでもあった。
google