先日、今話題の厚生労働省から年金特別便が送られてきた。「あんたの納めた厚生年金で官で記録されているのはこれだけ
だが、まちがえないよね」と納めた年金の事業所とその年月日と累計495カ月と記録されていた。後何年生息出来るか解らない
が、是れが計算根拠となって、生きる為の支えはこれが総てである。
「"495カ月"、約半世紀近くよくぞ勤めたなあ〜」と思いつつも、一番の、印象はその一割にも満たない延べ36カ月が下の現場写
真のK5、K6(東電川崎火力)の生活が総てである。 この現場を最後に現場から離れ技術部門に変わり、以後25年以上も携わって
いるが、とにかく鮮明に記憶のなかに残り、以降の仕事を支えられているのがこのプロジェクトであった。
K5、K6は既に命脈尽きて、後は埋葬を待つまでの身である。関係者の見守る中で送別会までやって、見切りを付けてオサラバした
ことは既に当サイトで報告している。既に魂を抜かれ、過分な供養も済んでるいるにも関わらず、今更その姿を追うのはくどいと
思われるが、発電所の姿が総て地上から消え去りつつあるとの報に、心揺らし未練がましく取りつかれるじじいが此処に居るの
である。戯言と思って斜めに見ていただければと思う。
◇都会から隔離された僻地での鬱積した青春
川崎駅からバスで凡そ30分、川崎臨港地帯に位置し、当初は石炭火力発電所として、石炭の大きなヤードを抱え
発電所の海岸側にご覧のような建設事務所が、準備された。
海岸に近いこともあって、風で吹き飛ばされないよう屋根には木組みで補強されている。簡易事務所で仕方がないが
天井裏が低く、冷房もあったが真夏の暑さは半端ではなかった。
足場は未舗装で、水はけ悪く、雨が降ると、泥水化し田んぼのようであった。
建設も佳境を迎え、ボイラーの火入れ、タービンの通気など試運転時期を迎えるころは毎夜深夜に及び、2時間以上の
通勤は辛く、家には唯、寝に帰るだけの地獄の世界であった。
晴れてタービン通気後、連続試運転になると、交替で事務所で宿直し、夜は一応仮眠所があったが、何処かの動物園の
檻の様なけたたましい野獣のいびきに悩まされた。早々に此処を退散し、事務所の椅子を並べて横になり、寝つけない
まま白々とした朝を迎えたなんてこともあり、体を張ってこの設備を見守った。
一通りの試験も終わり、竣工した暁に、正月元旦、普段疎遠であった家族との絆を保つ唯一の機会にのんびりとお節料理
で祝い、箸をつつ気合うささやかな平和な時であった。そんな時も、容赦なく緊急呼び出し命令の電話に恨めしく、現場に向
かったこともあった。
ともかく都会から隔離された陸の孤島で、現場事務所を拠点とし、火力設備で中でも担当するシーメンス製の制御装置
の前で没頭する世界が総てであった。
トップヘ 次へ>>
◇K5K6に取りつかれた爺の戯言
google