「カメラ」 電池切れの"休眠"

デジタルカメラの出会いは下の写真、巨大なCP-700Zであった。従来のフイルムカメラと比べ、そんなに違和感は
無かった。単4×4を使い、電池の消耗も激しく撮影時は電池切れを恐れ、単4電池は袋に収め、ブラブラぶら下げ、
予備の電池は必携であった。10年前、2005年に手にしたのが右側のIXY DIGITAL-50であった。従来、手にぶら
下げたものが、ポケットに納まってしまう1/3の大きさが驚異的であった。電池も単4×4、が薄いモールド化された
ものに1つに変わってしまった。カメラの小型化は電力消費の面でも大きく、電池の小型化にも繋がった。
フィルムカメラからデジタルカメラの先駆けでもあったので6万円弱であったが、IXYは3万8千円で手にした。それも
現在では相応品で2万円弱で出回っているようで、高機能、廉価に繋がっている。
そのカメラ機能はスマホで十分機能を発揮する時代になり、ハイポーズで身構える決めカメラ側のポーズも変わっ
てしまった。

突然起きた、電池切れによる、カメラの休眠。パワーが無ければ全くの無力。そのバッテリーも劣化。補充のピンチ
ヒッター購入に関わり、予想しなかった落とし穴があった。
デジタルカメラの目ざましい発展を背景にこれまでのカメラの関わり方の変遷と、突然起きた電池切れで生まれた
事実を触れてみた。

◇目ざましく進化するデジタルカメラ

そのIXYも気軽な必携道具で旅行やイベントで持ち歩き、目の前で消え去る画像情報は媒体に残すことが出来た。
しかし10年の経年使用に、色々綻びも生まれ、フラッシュ時に煙が出たり、結婚式場で落してしまい、象の鼻が出た
まま、戻らない瀕死の重症に陥いり入院もした。
騙し騙し、使い続けたIXYも流石、劣化による機械疲労か目立ち始めた。最近になって静止画・動画の切り換えが
スームスにいかず、メーカの出先に持っていったが、既に廃型の憂き目であった。交換部品の補充が出来ないた
め入院治療は出来ない、終末宣告をされてしまった。

◇終末宣言された二代目

先代の大きなCP-700Z

小型化され手のひらサイズのIXY DIGITAL-50

◇爺さん同志で合い凭れ

そんな半身付随に近い不自由な爺さんカメラに老骨をムチ打って、未だに使いづづけている。そんな持ち
主も爺さんなので 互いに、合い凭れ掛かり、使い続けるのも仕方ないかと思っている。

一括見積り
トップへ  次へ>>