◇「国中」と「郡内」
勝沼は甲府盆地の一角にあり、甲府を含めた同地域を「国中」と言われている。
山梨を御坂山地と大菩薩嶺を境とした東西に分け、西半分の甲府盆地を中心とする地域を「国中」と言い、東半分
の相模川と多摩川の上流域および富士山北麓や大月市などの地域を「郡内」と言う。
都心と甲府を結ぶ大事な流通経路の甲州路にある笹子トンネルがあり、このトンネル挟んで東を「郡内」、西を「国中」
と言っても良いのではなかろうか。
単に地域の呼称を東西に分けただけならば、何処にもありそうな話であるが、両者は方言など、自然や文化において
も大きく異なっている。「国中」と「郡内」には生活習慣、その他もろもろ違いがあり、両者の間には県内の山より高い壁
が存在し、競いあっているようにも見える。
「ほうとう」は「国中」で生まれ、育った代表的な食べ物であれば、有名なチエーンの山田うどんは「郡内」に育ち、流行っ
ている。

東京方面

中央高速自動車道

甲州街道

「おい、国中」「なんだ郡内」と言い争い、居合わす第三者の我々も戸惑う場面さえあるが、「火事と喧嘩は江戸の華」では
ないが、「やれやれ~と」事を収めるどころか、むしろ無責任に、けしかけ助長してしまうのである。但し、口バトルはエスカ
レートはするものの、自制が働くのであろうか、掴み合いになる前に納まってしまうのである。
二人は、職場でも地位を持ち、社会的にも信頼される真面目人間であるが、一方では悪しき伝習の争いが、こんな形で首
を擡げてくるのである。
当事者の「国中」の生家はテーラHの看板でちょっとは名が通った、お店であったと聞くが、家を継がず、東京へ出てサラリ
ーマンの世界に身を置いた。生来、鼻っばしらが強く、とかく話題の多い人物であったが、会社の卒業を迎える前に、解脱
の世界に向かってしまったことが、風の頼りで伝わってきた。
県外者でありながらも、身近なところで起きたささやかなことが、「国中」「郡内」の言葉として頭の隅っこに残っている。

<柏尾山、山頂から東方面を俯瞰する。平坦部分の大半はぶどう畑、眼下の勝沼も「国中」の一角>

在職時代、事業所が東京の多摩地域にあり、山梨に隣接していることもあって、山梨出身者も結構居た。
たまたまであろうか、拝の居た20名弱の職場に山梨出身が2名おり、それぞれ「国中」「郡内」の出身者であった。仕事の
上では組織で動く滅私奉公のサラリーマンであり、二人の間には特別な事は感じ無かった。しかし、宴会等で程よく、アル
コールがまわって、気が緩むと、出身母体の血が自然と騒ぎ始める。信玄の席巻欲からなのであろうかしかけは何時も
「国中」から、突っ込みが始まる、ルーチンである。突っ込まれる「郡内」も、メラメラとライバル心に火がつき、徐々にエス
カレートしてくる。
1)地域と文化
<<戻る 次へ>>
2)ライバル心に火が付く

宿命のライバルか
二人の間では激しい
つばぜり合いが