携帯辞書への無謀な修理挑戦

◇おや!漢字が書けないぞ~
◇遥か遠くへ『漢字の世界へ』

◇でも手書き文書が必要

トップへ  次へ>> 
パソコンが生活の中にがっちり入るこんでいる現状に、書類、手紙等々肉筆で文字を書く慣習がなくなって
しまっている。
時間をかけて丁寧に書くと言う余裕もなく、幼稚な悪書をさらけ出す心配のないことから、メモ以外は
益々パソコンに頼ってしまう。
パソコンでは文書のなかの『漢字』もRかなキーで入力し、変換すれば簡単に漢字メニューが出るので選べば
良い。固化した頭を叩き、無理に『漢字』を覚えなくても直ぐに引き出してくれる。更に文脈から、必要な『漢字』
が選び出される学習能力を持っている。
そんなことから、家の中では益々手書きが離れて行ってしまった。
一括見積り

が書けない

ああ~

面倒くせ~よ

そんな背景から、頭の中には『漢字』が残っていない。
何か書こうとするとからっぽの脳味噌から引き出すことも当然出来ない。まして加齢と共に認知も当人が気がつく前に
進み機能劣化されいるのかもしれない。

現職から離れ、時間が経つが、世間様と向き会える唯一の機会に、老体をムチ撃ちしがみついている。
ごく限られた時間であるが、見ず知らずの人と緊張感を持って接することは疲れを伴うが、それなりに脳の活性化
に繋がる。そんな背景から市内の築後150年の歴史施設を月2回ほどの案内している。
案内終了後、僅かではあるが日報の報告書の提出が必須である。その結果は当事者を始め、関連部署が閲覧する。
当日の様子、引き継ぎがあれば記載するが特別に気張らなくてもよい。
しかし、いざ紙面に向き合い、書こうとすると、もう劣化した脳から、簡単な『漢字』さえも出てこない。
普段、使わないと、何処かで置き忘れ、そのまま消え去ってしまっている。それでも何とか頭をひっぱたき苦悶の末、
漸く引き出しても、物凄い時間がかかってしまい、漢字抜きの間抜けな幼稚な文書に、留まってしまう。