「けやき」の伐採
けやきは高さ20 - 25mの大木になり40mを超す物もある。
秋の紅葉時に彩りを添える美しい樹木でもある。個体によって色が異なり、赤や黄色に紅葉する。
幹の外皮は分厚く、灰色で表面がざらざらで荒れており、丸で象の皮膚のようである。

その軌道内に誰が植えたか判らないが、何時の間にか、けやきが年を追って、大きく育って くる。
日当たりも良く、枝は留まること知らずでどんどん広がり、垣根のない上空は葉も猛烈に繁り、一般道まで落葉する。
風が吹くと、一気に周辺に飛散し、近隣のコンクリートの道路に自由に堆積する。その回収、清掃は掃いても掃いても、
容赦なく積もり、落葉時期は落ち葉回収に翻弄される。
一時期は高枝ばさみで、枝を落としたが、無駄な抵抗で樹木の成長に併せて、最早手の留まる所を越え完全に手に負
えなくなってしまった。
写真は前日の木枯らしで、葉が殆どが吹き飛ばされ、繁茂状態から僅かに残っている。

◇聖域なき領空侵犯

土盛りされた土手はJRの専用軌道で、その上をJR中央線が走る。路肩の部分は雑草が生い繁り、雨水の吸収とも
併せ、路肩の崩落を防いでいる。 一般道との間にはコンクリートの柵が設けられ上部には有刺鉄線が張られ、一般
人の専用軌道内への進入は制限され、一種の聖域である。

トップへ  次へ>>
一括見積り