「何処か遠くへ行〜きたい。知らない町を歩いて見た〜い」♪♪・・・♪
余り聴かなくなってしまったが、こんな歌に誘われるように旅に出たくなった。
遠くなら何処でも、でも南より北の方が良い。
吸い込まれるような広大な北海道は魅力ある場所であるが、観光コースは毎度お馴染みの東部を
中心に既に廻ってしまった。
ならば、もっと奥地の北方面はどんな秘境が待ち受けて居るんだろう、この目で確かめてみたいと
日本の最北端の稚内と更に北海道から離れた北の島、「礼文島」と「利尻島」を廻って見た。
旅プランの中に出来ればレンタカーを借り、再び北の大地をダイナミックに走り回り、押しつけがましい
窮屈なバス旅行は避けたかったが、両島へのアクセスが定刻運行の船の移動制約もあり、諦めた。
□予備知識のないままの準備は
9月の半ば、東京は狂ったような酷暑が未だ続く中、最北端の北の果てはどんな気候が待ち受けて
いるのやら、さっぱり判らない。
まさかショートパンツの出で立ちではひんしゅくを買うと思うが、着ていく物の準備も戸惑った。
旅行会社から出発直前に渡された必携七つ道具にこんなものがあった。
◆トレッキングシュ-ズ◆帽子◆フード付上着(防寒、風よけに)◆長ズボン◆軍手◆雨具(防寒具に
なるものETCであった。
「・・・と言うことはかなり、寒いぞ!!」との触れ込みを、真面目に受け止める心配症のかみさんの意向
もあって、無理きり防寒着を携行するはめになってしまった。
トップへ 次へ>>
google
2004年 道北の旅
日本最北端