嘉永年間の絵地図発見
一族が終戦(1945)近くまで住んでいた四谷で、維新ごろも住んでいた証が”江戸切絵図”で発見した。
その中身について紹介する
1.現代版地図(その住んでいた場所)
JR中央線の千駄ヶ谷〜信濃町を
挟んで南側は神宮外苑として、国
立競技場、東京体育館、絵画館な
ど有名な施設が立ち並んで居る。

一方、南側は外苑西通りを挟
んで新宿御苑と静かな住宅地
がある。
江戸幕府のなごりで多くの武家
屋敷が明治の始めまであった。

我が家があった所
我が家は新宿区四谷大番町
であった。
現在の新宿御苑に内藤家
の屋敷があり、この一帯を
内藤町と言われる。
この内藤様と一緒に一族が
信州高遠から、当地に来た
がその中に松崎が居たと
伝えられている。
トップへ 次へ>>
ホームページ