<<戻る 次へ>>
表向き、日韓の壁を越え、共に手を差し伸べ、蜜月のプロジェクトをお互いに共通の目標に向かって、歩んできたが、
所詮は壊れやすいガラスの上に載って居ただけであった。終局を迎えて、くすぶっていたマグマが一気に爆発して
しまい、最早それを取り繕う策も持てなかったことは 全く残念なことであった。
そんな不幸な出来事に、ギスギスした状態にありながらも、検収運転は何とか終わった。

大陸の地域的な背景から陸続きの中国から、一方では日本海を挟んで日本からの侵略の中に外国から踏みしめられた国土
の歴史にあった。歴史・文化の負の遺産から生れたナショナリズムの矛先はことさら日本に向けられているようであった。
日本に追いつけ、追い越せ、産業界始めスポーツにおいてもめざましい飛躍は高い教育水準と兵役義務から生れた肉体と
ナショナリズムがパワーになっているようである。
因みに、国と国同士が戦う国際的な団体スポーツでもサッカーや野球など他の国に負けても日本だけには絶対負けるなと異常
なまでの執念は、こうした特別な事情が彼らをかき立てられるようである。WBCの対戦で日本に勝ち、ナショナルフラッグをマウン
ドに立て、はしゃぎ廻る姿はもう、純粋なスポーツから、かけ離れ、嫌悪感さえ生れてくる。
近年、ワールドカップ共催や韓流ドラマなどの文化交流、自由な観光旅行が、時代と共に新しい芽が生れ、徐々に変わりつつあ
るが、根っこの部分は日本に対する歴史的な感情があることをけっして忘れてはならない。
ナショナリズム、燃え上がる応援団(近年)
日本人スタッフの一人、セメント焼成士Hさんが、運転の指示にこちらのオペレータが言うこと聞かない、
と食堂で嘆いていた。それを聞いていた工場長と日本人の部長間で以下のやりとりが起こってしまった。
工場長
「オペレータが言うこと聞かなければ、私か、生産課長に直に意見を言って欲しい」更に
「この保証運転中は夜間についても日本人スタッフも誰か残るべきではないかと思われるが?」
部長
「それは勘弁して欲しい・・・私は工場長に負けない位の情熱でこの工場を立派にして見せる」
・・・・・・暫く沈黙した後。
工場長
工場長は工場を代表するもので、何も貴方に負けるとは思ってない、何か私に文句があるのか!!
貴方のおっしゃった事を逐一、本社に報告しても結構だ!」
と大声をあげ、完全に怒ってしまった。
日本語を理解していると言っても、こんな程度であり、「工場長に負けない」の言葉だけが一人歩きし
て意図しない方向に受け留められ、怒らせてしまった。
そもそも、プライド高い韓国人は歴史感情を背景に日本人には負けたくないのが、彼等の共通の気持ち
である。それを日本人から直接面と向かって言われたら、面子も何もない。日本人に言われてたまるかと、
その気持ちの高まりを一気に爆発させてしまった。
部長もこれ以上取り繕って、説明するこも出来ず、当惑したままなすすべもなく、言葉の一つのあやが
とんだ方向に展開し、お互いに深い傷だけを残ってしまった。
最後の詰めの段階である検収運転(保証運転)は外側から一見上手く廻って居る様に思えたが、このやり
とりから、根っこの部分では未だ未だ対立の構図は消えてないことを、思い知らされた。
19.検収運転で言葉の行き違いで遂に切れる
<畑は残雪に覆われ、真っ白。山に囲まれた中のセメント工場全体の佇まいが見える。2本のエントツから白煙が立ちのぼり、
工場建設は終わり、試運転を経てコマーシャル運転に入り、徐々にセメントの生産が開始される。>
<広場に整列した竣工セレモニーの一幕。手前から工場従業員、動員された女学生、最期は韓国軍軍楽隊の整列された姿で、
朴大統領をむかえる。頭上に掲げられた万国旗、日本の大使館も列席されているが、何故か日の丸はなかった。厳寒の中で
のセレモニーに軍隊のように統制された姿は有事に備え、未だ戦争は終わっていないことを思い知らされる。兵役義務始めナシ
ョナリズムの源泉はこうした日常の世界から鍛えられ、身に付いていくのである。>