ホイップアンテナ
工作船本体(母船)
母船に収容されている
小型船艇
2001年12月九州南西海域で発見された不審船は北朝鮮の工作船である事が判明した。
工作船は海上保安庁の巡視船が追尾する過程で自爆し、海底深く沈没してしまった。
その工作船が沈没から263日目に引き揚げられ遂にその姿を表した。
その船体から次々と武器類や装備品が続々と発見され、巧みな工作活動を実施している事実が明らかになってきた。
その捜査の為の調査が一段落し、期間限定で一般公開され、早速見学してきた。
舟本体は中央部分に仕掛けられた自爆用爆発物で甲板部に大きな破口があり、外壁部は膨れ上がり周辺の甲板上部
の装備品は殆ど吹き飛ばされたのか、原形を留めない位に一掃されていた。
その収容品は重軽火機の武器類が多数陳列されてあったが、その中になんと無線機があり、一ハムには興味深いこと
で本コーナーで掲載した。
工作船本体及び収容品は以下を参照されたい。
工作船の全て
トップへ 次へ>>
工作船搭載無線機
ホームページ