海底から引きあげられた工作船とその装備品の数々はあのすざましい銃撃戦と自爆で、海底深く沈んでいった生々しいドラマ
の再現を間近に見る様であった。
引き揚げられた遺留品は工作船本体とは別の陳列室にガラスケースに収納され展示されてあったが、展示品の主力はやはり
重・軽火力武器であり、ミサイル、ロケットランチャー、機関銃とそのおびただしい種類と数に恐るべき戦闘能力を持った工作船
であることを思い知らされた。
その陳列品の片隅に何処かで見た覚えのある無線機の姿に引き寄せられ、近寄ってみると、紛れもなくICOM製のリグである
ことに驚いた。
ご覧のように本体の爆裂からは避けられ、外見そのものは一部つまみが欠損しているものの、現役で使われていた姿のまま
残されてあった。
デイスプレイはご覧のような姿に変わっており、263日間の海中放置による浸蝕を物語っていた。
無線送受信機
モデル:IC-R71
ICOM 製
<<戻る 次へ>>