愛すべき先代、カローラと共に

ベストセールスカーとして、安さを売り物に、徹底したコストダウンで作られた結果から、乗りこなす過程で、
綻びがあるが、『高速の走り物』として、エンジン含めた足廻りのタフさ、故障のすくなさなど信頼性の高さは
さすがである。
貧乏人が、身分不相応な新車を買い求めた時、ムリムダは徹底して排除、要は価値観を何処に見いだすかなのである。
テカテカの新車に友人を無理やり乗せた
時、『何だ!これ・・・今時パワーウインドウ
が付いてない恐るべき車だ!』と嘲笑を
買ったが、見る者が見れば、誇るべき自
慢の?ケチケチ車両なのである。

総備品は徹底した純正品が、使われて
いるが、ステレオのスピーカが音割れが
しはじめ専業メーカ品に、バッテリーは
メンテフリーのものにそれぞれ置き換えた
が、純正=安物のイメージがしてならない。
一方では、持ち主の甘い運転感覚を許容し、走行中や、車庫入れなど、器物に触れながら身を呈し、あちこち
にささくれだった生傷を生みながらも、持ち主を保護し、じっと耐え、未知への遭遇のチャンスを作ってくれた
足として、言うに言われぬ、愛情の芽生えが生まれてくるのだ。
お別れの日に、感謝を込めて、ボデーに杯をかけ、新たな未来への旅立ちを祝ってやった。