日本武道館で繰り広げられる格好よいMarching Festivaの世界にに何年ぶりかで心酔することが出来た。演奏
は陸海空の自衛隊初め、儀仗兵、米海兵隊、在日米陸軍、フィリピン海兵隊、オーストリア陸軍などの音楽隊な
ど国際色豊かな編成である。
2度目の音楽祭であるが、国を取り巻く国際関係から、前回、その一役を担った隣国の韓国軍楽隊の姿が全く居
ないのは象徴的であった。民意には関係ない国どうしの歪んだ関係が音楽祭にも影を落している。
それに変わる、フィリピン、オーストリアは権益拡大に火種を巻き起こしている某国に向き合い、国を護り東南
アジアの平和維持に腐心しているのは日本と同じと思える。両国の参加は手を携える友好関係からも自然な
成り行きと思える。

自衛隊音楽まつりの厳しく洗練されたMarchingの世界は、人気が高く、抽選も行われていると聞くが入場券を
入手は大変難し言われている。そんな背景の中、現役の甥から、眩いばかりの入場券を工面してもらった。


巨大な入れ物の武道館で生の軍楽隊、鍛え抜かれた自衛隊太鼓、制服に身を包み伸びやかに艶のある歌姫
自衛官など、見どころ一杯の自衛隊まつりであった。その総てをピックアップする訳ではないが、印象的であった
演奏会の雰囲気を絵と文字で何処まで、伝えることが出来るか、整理してみた。
一括見積り
トップへ 次へ>>