トップへ 次へ>>
都心から西へ35KM,多摩川と浅川の清流に恵まれ、湧水を含む緑豊かな台地と丘陵 のある町それが、日野市 である。
人口17万人 、かっては農業中心 の宿場町 が首都圏の住宅都市として 変貌したが 、未だ、畑 が点在するのどかな
町である。
丘陵地帯は多摩動物園や多摩テックなどレジャー施設や関東3不動の一つとして 高幡不動尊は都心からも 多くの人々が
訪れる。
2004年は大河ドラマで遂に新選組が取り上げられ、町に残される新選組の遺産が掘り起こされ、全国の新選組フアンの
熱い眼差しを受け町おこしなど、町の活性化に一躍を担っている。
一方高台では 、遙か 西側を望めば 丹沢始め、奥多摩 の山々や富士山などの雄姿を 見る事が出来る。
都心に住み慣れた人間が日野を見た場合は多摩川を越えた遥か田舎と思っていたが、事業所転勤で日野宿に住むことに
なり、居心地の良さに身を置き、続けた結果、とうとう30数年を越えてしまった。

□変わる町並み
市内を貫くJRや京王線など新宿に約30分と首都圏を結ぶベッドタウンとして便利であることから、工場跡地利用や団地の
老朽化に伴い、高層建築など住宅建設ラッシュに再び沸き返っている。
「確か此処にあった建物も何時の間にか、高層マンションへ変貌している」
当記時を載せてから、数年の経過は町並みも変えていく、旺盛な住宅需要は衰える事も無く、続いている。
その開発ラッシュが進む中、希少な、その土臭い部分がやせ細って行く中で、見落としがちな足元の部分と日野の古来から
残されている有名観光ブランドも併せ、街並みを廻って見た。
ホームページ