免許更新、ゴールドからブルーへ
網走と上川を跨ぐ国道39号線眼下に針葉樹の原生林の樹海の中、
石北峠の風景林が確かめられる。

眩いばかりの流れるような光の渦の中、高速で走り抜ける心地良さ。握るハンドルから伝わるリズミカルな鼓動に
緊張感と躍動感が伝わり、ダイナミックな車運転を楽しみを味わうことが出来る。
しかし、加齢と共に自然に劣化する、動態視力や反射神経などを背景に何時までこんなことが出来るのであろうか・・。
巷間伝わる高速道の逆走や、街中で、人並みに突っ込む暴走など、事故は絶え間なく、危険と紙一重である。認知
証から思い違いや、注意散漫、アクセル・ブレーキの踏み違いなど要因から悲惨な事故が生まれ、勇気を持って免許
を献上するのも選択値の一つである。
気力の衰えからか、遠出も億劫になり、自然と年間の走行距離が短く、変わらぬ車維持費にコストパフォーマンスが
悪く、重くのしかかるが、未だ手放せない。
そんな背景の中、我が身に降りかかる色々な出来事を踏まえ、免許証は献上か継続か揺れ動きながら重い重い免
許の更新を実施した。

一括見積り
雄大な自然に囲まれ、何処までも広く、果てし無く長く、奥が深い、丸で
外国のような風情に色々な発見が感動を与えてくれた。
北の大地「北海道」での数々のシーンが蘇り、取りつかれたしまった。

富良野からJR根室本線、幾寅駅経由して然別へ国道38号線を東へ爆走する
殆ど無人の領域、珍しく対向車に遭遇する

<流れる、光の渦の中、ダイナミックに高速に走る、運転操作に痺れ、未だ捨てがたく、ハンドルに取りつく今日この頃である>

トップヘ 次へ>>
美瑛の広大な土地を背景にKEN & MARYが日産スカイライン2000GT-Rが
走り抜け、伝説まで生まれた。その構図がまるで風景画を見る様だ
根室 納沙布岬へ 道脇に巨大な風力発電機 日本最東端の東根室もこの近く、
随分日本の縁に来てしまった