優良カード(ゴールド)の取得
輝けり運転マナーの"努力の結晶"?
有り難い事にまたまた無違反で免許証の更新をすること
が出来た。

ゴールドカードの制度が出来て以来の連続甘受であり、
実態はともかく一先ずはこの輝かしき、ゴールドの重みと
輝きに率直に喜ぶべき事であろう。

とは言うものの、免許取り立ての頃の車のスピード感
や未知への走行を背景にしたドライブ意欲に取りつかれて
しまった頃とは隔世の感が或る。
道に迷い、ガードレールを擦りながらも、車と言う個室の
世界の外側に繰り広げられる空間は実に新鮮であり、道なる
ものを自在に操れる世界に夢中に駆り立てられていた。
それがなんであろうか、オバサンの買い物専用車に変身
し、年に数えるほどの旅行に駆り出される程度に、なって
しまった。
営業巡回で立ち寄る、ディラーの担当営業マンも、「何時来
ても、ガレージに飾って有りますね」と、とんだ皮肉を言われ
てしまったが返す言葉もない。(笑い)
だから教科書の通り、決められた所を決まったように走る
限り、無違反はさほど、胸張って喜ぶべき事では無いのかも
知れない。
走行距離に関わらず重くのしかかる、自動車税、車両の保険
それに追い打ちをかけるように定期検査が直ぐやってくる。
こんなドライバーが車にまとわり付き、公団、警察や車屋さん
達に喜ばして居るだけでは思ったりする。
身分不相応な高額な維持費、単なるステータスだけなら、とは
思いつつ、気持ちの一部では果てしない未知の世界へ、愛車と
共に駆け回りたい絆は細々と繋がっている。
「運転免許証更新のお知らせ」
やたらに散りばめられた"優良"の言葉が何とも不相応なセリフに
響くのは乗らない者のひがみかも知れない。

トップへ 次へ>>