□大量の画像データ保存に活躍
デジカメの登場は目の前の画像を容易に取り込める機会が生れ、フィルムカメラには無かった世界が開けた。
どんどん撮りまくる画像データは一端、パソコンに取り込み、そのまま、放置されることが多かった。しかしパソコンもある日、
突然成仏し、折角保存した画像他、諸々のデータは完全に失い、悲憤にくれることは多々あった。
そのため、パソコンとは別の媒体に保存し、パソコンのトラブルの影響を回避させる、バックアップの必然性が生れた。
画像データーは手っとり早く、コンパクトでハンドリングがし易い、MOを媒体に、保存することになんの躊躇いもなく使い続け、
特に不便は感じなかった。
手のひらサイズの3.5インチの大きさはフロッピイー感覚で、しかもデータの読み書きが自由に出来ることが、フロッピイーで
育った世代には大変馴染み易い。
このMOやDVD,CDなど回転機構を持つ記憶媒体から、半導体を使い親指サイズの物まで現れ、デジカメに実装されたり、
USBに直接接続するなど、用途によりその媒体の種別も多様化し選択の時代を迎えた。
我が家ではMOを使い始めて約10年以上経過するが未だ第一線で働いている。
信頼性が比較的高いと言われているMOではあるが、ある日、長く使い続けるMOが、突然、読み出しが効かなくなるトラブル
に見舞われた。画像の復元に、傾注する余り、ドライブまで壊してしまった。そんな顛末を含め、大事な画像データを扱う媒体
のMOについて、披露してみたい。
トップへ 次へ>>
MOと呼ばれる光磁気ディスク(Magneto-Optical disk)で、赤色レーザー光と磁場を用いて磁気記録を行い、レーザー光を
用いて、再生を行う記録媒体の1つである。
光磁気デスク「MO」について
画像データ保存の媒体
一括見積り