森厳な「三峰山」行き
宿泊地到着
'00-9-30
■雨の名栗を通り過ぎ
我が家を12時出発、国道16号から途中で高蔵街道に入り、高蔵温泉
を通って名栗渓谷へ向かう。
薄暗かったが、やがて名栗で大雨、更に ナビの設定が悪く迷走するが
なんとか軌道修正する。
なじみの秩父路、(国道140号)の秩父市内を通り、秩父湖から急激な
山道に入り、ご覧のような『林道・三峰線終点』の看板近くの当日投宿
する小屋付近に到着する。
うっそうとする杉木立に、照明も無く『現地17:00集合は暗くなるぞ〜』
の声に早めの15:30頃であった。
案内板の指示に林道から、急激な坂の脇道に入ると『白岡町立
三峰山の家』の看板にホットひと息する。
但し、背後の広場に、ブランコとどう見ても校舎に
『おや?! これが山の家?』と思わず考えてしまう。
柱に残された標識
『三峰分校区域』の発見でその疑問が解けた。

この奥深い山にちっぽけに開けた敷地に運動場と校舎があった。

旅の身支度を解き、夕食迄の残された時間、子供達の賑わった
三峰分校として残された息吹きを探って見た。

何処からか子供達が現れるのでは?そんな幻想 にかき立てられる
今夜の宿泊地なのです。
トップへ 次へ>>
ホームページ