全国で「松崎」を名のる場所は多数あるが、中でも一番メジャーな場所と言えば、伊豆の西海岸の「松崎」が直ぐ浮かぶ。しかし伊豆半
島は東海岸を走る伊豆急の下田と半島の中央部の伊豆箱根駿豆本線の修善寺までで西海岸の松崎までは山越えのバス利用が、距
離以上の遠さを感じてしまう。今はインフラも整備され西海岸も舗装され、半島全周を手軽にドライブ出来るが、かっては未舗装のガタガ
タ道を登坂するか、或いは沼津からのんびり船旅で向かう しかなかった。 松崎と名のりながら、先祖ルーツでは奇縁が薄いこと、足廻り
の遠さから、中々実現しなかったが、この度、漸くその聖地にたどり着くことが出来た。
□プロフィール
◇遠い街
この伊豆半島西側の街「松崎」とはどんな街なのだろうか、伊豆半島全体を捉え、戦国時代からの歴史的な変遷を踏まえて何かルーツ
に繋がるものはと思ったが特になかった。半島は過疎の流罪地から始まり戦国時代、そして徳川幕府、そして今日に、繋がった経過を簡
単に触れて見た。そして当地の"松崎"の名称の由来など調べた。そんな導入部分から実際に足を運び、観光気分で現状の街の姿を追っ
てみた。
◇半島の歴史を踏まえ「松崎」を追って見る。
相模湾に突き出た伊豆半島の西海岸でほぼ先端、石廊崎に隣接する場所に「松崎」がある。
松崎町観光協会の観光ガイドブックから
トップヘ 次へ>>
IFD注文
伊豆半島「松崎」を訪ねて