伊豆長岡の旅
思えば02年は色々旅に出た。
各地の名所、旧跡を尋ね、それなりに旅物語があり、色々の出会いを
楽しめた。
しかし、唯一心残りは、火山国を背景に豊富な温泉があるにも関わら
ず温泉との巡り合わせが何れの旅でも落していた。
心頭滅却、無我の境地で温泉に浸り、何もせずにボーットする現実回
避は何とも言い難く、歳と共にその魅力に取りつかれる。
「何がなんでも温泉付きで旅に出た〜い」と温泉欲にかきたてられた。
そんな矢先「正月は外でのんびりとしたい」という、おかみの声に呼応し
て、場所探しに走った。
"新鮮で美味い魚にありつけ、温泉付きの条件で、しかも幕末あり
の欲張り条件がピッタシの場所と宿がネットで見つかり、即飛びついた。
正月の割り増しがあったが、長岡温泉と言う適地があった。
当日、長岡温泉で宿泊し、周辺の韮山で幕末を追っかけ、淡島に渡り
波の殆ど無い駿河湾を眺望を眺め、島の周回コースをたっぷり
楽しんだ。
幸いにして行った当日は晴天に恵まれ、富士の姿を追えたが 帰宅日は
不安定な天候でも一転して降雪にあい、帰省とも重なり、雪の東名を
トロトロ渋滞で帰ってきた。
そんな流れを追いながら、冬の伊豆行きを辿ってみる。
韮山側は幕末史跡として幕末サイトび掲載した。
トップへ 次へ>>
google