□コース選び
面倒臭がり屋でも、毎年同じ所だけは避けたい。そんなことから
「陛下の御用邸」ー「スカンジナビア号乗船」ー「葛城山」
を巡って、長岡温泉へ投宿した。

□何故伊豆なのだろう
昨年(03年)、一昨年に引き続き、また此処伊豆へ来てしまった。
旅の周到な計画が苦手、めんどくさがり屋が毎年行くほど"伊豆"って
それほど魅力的なところ、なのだろうか?
やはり歳の老い目もあるのだろうか、バリバリ走り回った頃から
比べると、気負いも失せ「安心・安全・道慣れ」がどうしても頭かす
め、お手軽な場所選びは選択地が狭まってしまう。
そんなことで伊豆がてっとり早い旅のターゲットになってしまうようだ。

運転リスクを背負ってまで遠くへの旅路となると、身構えてしまうが
我が家から、それほど遠くなく、運転技術も不確かなサンデードライ
バーとして最適地なのかもしれない。
一方では新鮮な魚で舌鼓、じっくり温泉に浸り、俗世界から離れ
のんびりするのは今出来る最高の贅沢なのである。
google
□コース案内図
トップヘ 次へ>>
国道16号から横浜IC経由で東名へ
何処も車はスムーズに流れ、瞬く間に
沼津に着いてしまった。
我が家から出て、僅か2時間そこそこ、
そんな所に西伊豆の玄関であった。

御用邸から最初の一歩が踏み出された。
此処を拠点に相模湾沿いを南下し、昨年
行った淡島を右手に見過ごし、固定係留
されたスカンジナビア号で昼食休憩する。
此処から内陸部に入り、ロープウエイで葛
城山を登り、山群れなす西伊豆の炯眼を
楽しみ、葛城山配下の長岡温泉に下りた。
此処で温泉に浸かりを旅の疲れを癒し、
1日のコースは終わった。
西伊豆の謂わば玄関口をたっぷり楽しんだ。


□コース紹介