目的地まで地図と首っ引き、何処をどのように走るか、運転プランを練る。自分の手でハンドルを裁きながら、車の流れを
読み、全神経を傾注してドライブも楽しいが、事故のリスクを背負い走らせるのも年老いたせいか、結構疲れる。
そんな車から離れ、たまには鉄道旅をとクラブツーリズムの団体旅に申し込んだ。車を乗り回して以来、余り鉄道を利用しな
かったが、何年ぶりであろうか、新鮮な気分での千葉の成田山までの列車旅であった。
JR中央線の、立川駅に集合する。お上りさん宜しく、クラブツーリズムのかなり太めのおばさんの翳す旗のもとに当日の参加者
が集まり黒山の人だかりであった。引率されるままホームに向かうと、何処からやってきたのか、この日のために敢えて動員さ
れたのか、第一線から退いた見るからに使いこなし、古い形の特急車両が「回送」の案内板を付けてホームへ入線する。別に
華やいだ雰囲気も無く、乗るお客も殆どがじいさん、婆さんなので、それに合わせたとは思わないが、如何にも古くさい車両に、
粛々と乗車する。
◇じいさん、婆さんに似合いの車両
ホームに入る電車の姿に、ムクムクと沸く、闘争心は、自然と席の争奪戦に体が反応してしまうのは、長年の染みついた電車
通勤の悪い癖である。此処では競い合い、席の争奪戦はなく割りつけられた背番号を探し求め、ゆっくり、ゆったり、行儀よく車
内へ入り、徐に席へ付く。車の時と違って、このまま何もしなくても、車両が黙って目的地まで運んでくれる、列車旅の有り難さ
にスタンバイする。徐に窓越しに見える外の世界は楽しみの一つであるが、老朽車両の成れの果て、ガラスは何時洗ったのか
薄汚れ、外の景色も霞がかかっている。
ぼんやり、車窓から映る姿に、どうやらお茶の水近くを走っている。この専用お召し列車は決められた団体を乗せる駅だけ
止まり、それ以外は止まらないノンストップ列車である。中央線から総武線、更に房総東線に乗り換えなしに、乗っていける
贅沢な列車である。
ノンストップと言うと如何にも早そうな感じがするが、同一路線で大事な定期電車を優先にダイヤが組まれている。時間調整
のため、やたら停まるのも、優先車両の隙間を利用して走る急がず、のんびり旅の特徴である。
車内販売は全くなし、通路を挟んで反対側、ツアーに参加の高齢のおばあさん、徐に缶酎杯を空け、気持ちよさそうに飲んで
いる。隣に相方が居ないのは寂しそうに見えるが、一人宴会モードは朝から既に始まっている。
飲ん兵衛の一人として、その飲み振りをただただ羨ましく眺めるだけであったが、車内販売もなく、此処は我慢の子であった。
車運転の酒は絶対の御法度であるが、列車に身を預け、適度なアルコールに依る心地良い酔は車にはない解放区である。

お召し列車側が走り出して 間もなく、暫く時間調整で立ち止まる。車窓から電車待ちの通勤・通学客がホーム一杯に立ち並
ぶ姿が嫌でも目に入る。ホームからこの列車は何だろうと奇異な視線を浴びながらも、何の拘束もなく、ゆったり感はささや
かな贅沢気分であった。
◇相互乗り入れのノンストップ列車
トップヘ 次へ>>
成田山の旅
一括見積り