◇にっくき天敵「カナブン」様の襲来

何処からも無く「カナブン」がやってきた。1匹、2匹窓越しの明かりに吊られ「ブンブン」と激しい音を立て騒がしいなあ~
と思っている位であった、
その「カナブン」の襲来が只事ならぬ食害を起こしていることが判った。夏つばきの葉が「カナブン」の好餌であることが判った。
その貪欲な食欲にどんどん食い荒らし、夏つばきの葉っぱが無残にも食いちぎられる。
その範囲が限定的であったが、ドンドン広がり、樹木全体に及んでしまった。

夏つばきには天敵のにっくき「カナブン」テロに何とかならないかと思案の挙げ句、ふと目にとまり、登場したのが世紀
の味方、「オルトランC]であった。
その唄い言葉
『広範囲の害虫と病気に即効&持続、かんたん便利』の言葉に乗せられ、盲目的に飛びついた。
毎年のことながら、宿命の天敵「カナブン」は彼らの美味いものと食い荒らしまわった。天敵を退治するには味方は
これだ、これしかないと近隣のDIYに「オルトランC]を買い求める。
缶入りのスプレー方式で、ワンプッシュで一網打尽これは確かに扱いは簡単だ!!
夏椿が最も咲く時期に、「かなぶん」テロは最盛期であった頃合い見計らって、3M余りの夏椿に梯子で頂上から噴
霧作戦を敢行する。葉っぱの表裏、徹底した噴霧作戦は敵の殲滅に怨恨も込められていた。
翌日、木の下に累々と「かなぶん」の死体が多数、散乱していた。
夜になると光に吊られ、ぶ~んと言う音をたてやってくる「カナブン」もぴったりと止まり噴霧作戦は敵の殲滅に繋がり、
大成功であった。
これで、テロ活動も収まり、夏椿も穏やかな日々も迎えられ、遠来の敵襲来も根絶され、喜びに満ちた一時であった。
健全であったころの葉っぱが完全に消え、単なる枝だけの丸坊主の無残な姿の夏つばきになってしまった。
しかし、事はこれで納まらず大変なことになってしまった。
テロ撲滅作戦が終了し、やれやれと思ったが、年を越えて、春を迎え、初夏になり夏椿の異変に気がついた。
夏椿に小さな芽が出たが、肝心の葉っぱが未だに、全然出てこないのである。
幹廻りも、そこそこ大きくなった夏椿が完全に休眠、否仮死してしまったのである。
敏感で、一見、ひ弱な、夏椿までが、「オルトランC]の強い薬液に虫退治は元より、植物の生態系である、幹まで
やられてしまったのである。
花は元より葉っぱまで失って、単なる枝だけの丸坊主の無残な姿になってしまった。
ん~んこれは殺傷したかなぶん達の怨恨であろうか・・・。どうせやられなら、巻き添えを食わし、幹もろとも、道ず
れにしてしまおうとの遺恨であろうか・・・。
明らかに人為的なミスで、薬害の恐ろしさを目にしてしまった。
<<戻る  次へ>> 

◇カナブンの怨恨

◇殺虫作戦成功