所が、今年は天の神様がのろいを賭けたように北の大地が何時もの様子が違っている。
計画時では予測もしなかった、台風が狙いすましたように、これでもかこれでもかと北海道の限定された 場所に襲来する。
過去に例のない、記録的な降雨がおとなしかった河川が暴れ出し、土砂崩れ道路の寸断、街、畑などの冠水が生まれている。
道東を中心にインフラはズタズタにされ、復旧に見通しの経たないところまで生まれ、現在('16ー8)でも、未だ復旧されていない
ところなど甚大な被害を伴う 爪痕が残されている 。それを覚悟で行ける所まで行こうと、広い大地へ向かう。
一括見積り

ローカル鉄道『花咲線』の旅

◇一度眠った魂が呼び起こされた

毎年の恒例行事として、9月10月の時期に懐の深い北海道の魅力に取りつかれ、欠かさず出かけていた。本土には想像できない
雄大な大地に地球を走っている感覚は一度ハンドルを握ったら忘れられない 異郷の世界であった。何度か回数を重ね、かなりの
範囲を廻ったが、加齢と共に当初の、出会いを求める勢いがやや、萎え、これ5年前を最後に途絶えてしまった。
昨年の今頃は病の災禍に見舞われ、半年間は入退院の繰り返し、悪夢の雑居房の世界に拘禁され娑婆はおろか旅行など考えも
つかない状態であった。その病魔も近代医学に救われ、し廻りを見る、余裕さえ生まれた。加齢と共に、体全体が劣化し、腰痛など
悲鳴を挙げているが何処かへ行きたいと言う、死火山のマグマが体の中でくすぶっていた。
そんな中で、北の大地が再び、手招きし、一度眠っていた魂が呼び起こされいる。あの広い大地を思うがまま走るハンドルは握れな
いが、此処は呼びかけに乗った。
今回は、観光地が集中する道東へ向かう。地図に示される、釧路から内陸を弟子屈、屈斜路方面の『釧網本線』は台風の
影響で冠水し、不通であり、周辺の道路も、不通個所が多く、異常事態である。
釧路から太平洋岸沿いを走る『根室本線』(花咲線)で根室まで行くルートは台風から僅か外れ、何とか動いていた。鉄路で
根室へ向かい宿泊する。翌日、再び鉄路で釧路に戻り、タクシーを使い屈斜路湖のホテルへ向かい宿泊する。最終日の3日
目は観光タクシーを利用し、屈斜路湖、見幌峠、摩周湖、釧路湿原を廻って、釧路空港に帰ってくる。
トップヘ 次へ>>

◇思わぬ天災に阻まれたが

◇鉄道とタクシーで道東を巡り