根室から阿寒国立公園へ

凡例:★ 印は巡回拠点

釧路本線(花咲線)

★釧路空港

釧網線不通

★見幌峠

納沙布岬

★摩周駅

★釧路湿原

★屈斜路湖

★阿寒湖

★摩周湖

日本最東端と言われる根室半島の最先端である、納沙布岬まで半島を周回し、再び根室へ戻り旅装を解いた。
花咲蟹を筆頭に宿の主人の手の込んだ豪華な海産物と向き合い、「見て、食べる」ことで今回の旅の一つの目
標は達成された。
根室で一泊し、エネルギーを貯え、再び根室本線(花咲線)で往路で来た路線を折り返し根室へ戻る。
此処から阿寒国立公園へ向かうが、さ~て、此処からのルートが足回りを含め思案のしどころであった。今回の
旅前に襲った三つの台風の爪痕が癒えておらず、釧路湿原は過去に例のない広範囲の水没で道路網や鉄道網
が至る所で寸断されている。
此処より西側の道央は被害甚大で復旧に数カ月要しているが、釧網線は比較的軽微で2016ー9の旅行日から、
数日後、全線 復旧している。
旅行日が1週間づれていれば釧網線にノロッコ号に乗れ、釧路湿原の風を思い切り浴びることが、出来たと思う
が、巡り合わせが悪かった。
釧路から不通の釧網線に変わって摩周駅まで、タクシーを利用し、同駅からホテルの送迎バスで当日は屈斜路
ホテルで宿泊する。翌日はこの屈斜路ホテルを拠点に阿寒国立公園をタクシーで廻った。

一括見積り

第1日目はこちらから見えます

根室半島を巡る
トップヘ 次へ>>

◇第2日目は根室から屈斜路へ