2007 New Year Party
2007年、年の初めを飾る年中行事になってしまった New Year Partyに今年も参加した。
干支のステッカーを切らさずにということで、続けている。
この正月時期は家族で温泉でのんびりと過ごすと言う事もあったが、その旅行の年も帰宅後
タイムアップ直前迄頑張って、何とか目標をクリアー、継続は力なりを実践していたが、今年は
在宅なので、時間の余裕を持って臨む事が出来た。
□さーて何処をフィールドに
一応出られる範囲は7、14、21、28、144、430メガの範囲であるが、ともかく早めに20局交信をクリアーし
後はおまけ、余裕持って流せればと思って臨んだ。
そんな流れで早速ワッチ、どのバンドが良いか、バンド巡りに一通り、舐め回してみた。
7メガは空き周波数を確保し、CQでも出せれば、コンデイションに左右されず全国版で稼げると思ったが、
やはり狙い目は同じであった。
パーテイ開始まもなく、チャネル争奪戦で物凄いラッシュで、既に入り込む隙間もなかった。
14メガは閑散、短時間で効率よく、局数稼ぎは不向きと諦めた。
430メガはバンド内、ムラなく広い範囲でCQを出しており、一つづつ、丁寧に呼び出せばと思うが所詮空中
線がGP(グランドプレーン)では重なった時は所詮は八木に勝てない。
能動的な戦いには不向き、今回は保険の積もりで他のバンドで駄目だった場合に取っておこうと、一先ず
パスした。
結局、数局CQで出ていた21メガに腰据えて、横並びでCQを発報した。

□慣れぬオペレートさばき
「CQ CQ CQ QSO Party ドチラカQSOサンカキョク イラッシャイマシタラ コンタクト オネガイシマス ジュシンシマース」
老いて治癒する口腔内の異物が阻害し、特にカ行がモゴモゴと舌もつれは歯がゆいばかりに滑らかに言葉が出てこない。
「老いて言葉出ず、全く情けねえなあ〜」

コンデシションは悪く、そんなへぼなオペレートにも関わらず、隣接の八王子、立川、国分寺、稲城市など多摩地区を
中心に23区内からもコールバックが掛かってくる。
絶叫マシンのエンジン全開、調子に乗ってくると、切れ目なくコールバックが、重なり、21メガフアンの多さを改めて
認識する。
此処でログを取るため、只でさえ中枢神経が鈍っているのに、パソコンログと手書きログの二股を掛けている。
聞き取り損じを救うためにコールサインから、住所と名前が自動的に出てくるハムログは強力な支援になっているが、
未登録のニューカマーが出てくると、住所、名前の手入力が必要になり、大混乱になってしまう。
コンテストの様に待ったなしのスピーデイに裁くマイクバックが必要であるが、しばしパソコンの手入力に集中する余り、
無音状態になってしまいトラブルかと相手局に不信感を与えてしまう。
愈佳境に入ると、類が類を呼び、多数からの呼出しが重なる、此処で裁きの上手い下手が出てくる。
例えばテールレターだけメモを取り、出来るだけの局と待たさずに多数の局を順次裁くのが、局数稼ぎの一つのコツで
ある。しかし、2つ重なっただけで狼狽し、聞き取りさえ、怪しくなってきてしまう。
そうこうするうちに2時間程でほぼ20局の交信を達成する。
でかい声を出さずとも、済むはずのオペレートが自然と声うわずり、大声の繰り返しに喉が枯れ、水分の補給がしたくなる
程、興奮状態になっている。
XYLからそれ程興奮しなくてもと、窘められ、自己陶酔が騒音公害になっていることが、判った。
トップヘ 次へ>>
ホームページ