日々巡る「カーライフ」
そんな事故情報過多もあってか、世の中免許の返納を促進しているようだが、加齢に伴う層から、自然に先行き
不安が過り、この機会に自主返上が多くなったのも自然の流れかもしれない。

我が家でもこうした報道に敏感に反応し、運転とり止めコールがこの機会に一気に上がっている。
しかし、それも自分本位のご都合主義であり、雨や、荷物がある時などタクシー替わりに彼処へ行け、向かい
に来いと手のひら返して安易に命令してくるのである。

◇これが見えないか?

<一つの接触事故が、縦列する複数の車両か、玉突きで、巻き込まれ、激しく破壊される>

連日報じられる悲惨な交通事故が、あちこちで多発している。
逆走による暴走での正面衝突。集団登校の生徒の群れの中への突っ込み。道路に接する商店への突っ込み。
などなど運転当事者以外の第三者への捲き込みでる尊い命が一瞬にして失われ取り返しの出来ない、気の
毒な変事の遭遇である。

<こんな看板が世の中存在する。長崎県の県営バスの停留所は「よせば」と読む。目につく道端の看板表記の
通り、運転の休場を促し、「もう!!よせば」と言われているようである。(^。^)

一括見積り
トップへ 次へ>>

<激しく追突され、窓ガラスは吹き飛ばされバンパー含め完全に抉られ無残なワンンボックスカー>